みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >価格も装着感もライト!ビギナーにも…

価格も装着感もライト!ビギナーにも優しい心拍測定機能付きのスポーツリストバンド「HUAWEI FIT」登場【PR】(2016.12.22) PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ボタンは一切なし! シンプルなデザインで左右どちらでも使いやすい

パッと見は薄型のデジタル腕時計という印象。ここ最近のフィットネスバンドやアクティビティトラッカーは、アナログ時計を模した円形のフェイスを持ったファッショナブルなデザインへとシフトしていて、『HUAWEI FIT』もその流れに乗った形となったようだ。この手の製品としては珍しく、本体の周りにはボタン類が一切ない。

HUAWEI FIT
フェイスは本体内で6種類のデザインから選べる。アナログ時計のようなデザインもある

HUAWEI FIT
画面はスクリーンのタッチやスワイプ、手首の動きと連動して切り替える仕組みだ。スリープ状態では、デジタルまたはアナログの時計を表示するが、手首を返すと活動量付きの時間(ホーム画面)が表示され、スピーディにワークアウトメニューにアクセスできる。ワークアウトメニューは下から上へのスワイプ、決定はタップで。どの画面にいても、左から右にスワイプすればホーム画面に戻れる。

HUAWEI FIT
こちらは歩数表示

HUAWEI FIT
心拍数の測定画面

物理ボタンがないことを不便に感じるかもしれないが、ボタンは利き手がどちらか、左右どちらの手首に装着するかで使用感が大きく変わってしまうのが欠点。その点「HUAWEI FIT」は左右どちらにつけても操作性が変わらないデバイスといっていいだろう。

HUAWEI FIT
付属のバンドはブラックとオレンジの2色展開。

HUAWEI FIT
バンドの幅は18mmで、汗がたまりにくいように表面を波形に加工されている。主にスポーツシーンでの利用を想定しているためか、うすくて軽く、しなやかでつけ心地はなかなかGOOD! 24時間連続装着しても、ムレや圧迫感を感じにくそうだ。

HUAWEI FIT
18mmの市販のバンドも使えるので、普段着やスーツ着用時はレザー系に付け替えるなど、TPOにあわせて変化を楽しめるところもいい。

<< 1 2 3 4 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。