人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.20

未婚女性の半数が「クリスマスだけはどんな男でもいいから一緒にいたい」

マクロミルが行なった「年末年始の過ごし方に関する調査」(※)によれば、クリスマスにかける合計予算(プレゼント代も含む)は8783円。理想のクリスマスデートについてたずねると、「自宅でまったり」34%、「イルミネーション」34%、「素敵なレストラン」31%がTOP3となった。
※調査期間は2015年12月3日~12月4日。有効回答数は全国の20~69歳の男女2000名。

BLUEBIRDがコンサルティングを務める、20~30代女性向けの婚活/恋愛に勝つための情報サイト『愛カツ(あいかつ)』では、同サイトを訪問する未婚女性ユーザーを対象に、恋愛結婚学研究所と共同でクリスマスに関する意識調査を実施した。

クリスマスに関する意識調査

最初に「独身女性限定/1・現在の恋愛状況とクリスマスに向けて」という設問で、現在の恋人の有無とクリスマスに向けて恋人がほしいかどうか、を確認した。「現在恋人がいる」(「現在恋人がいる」と「現在恋人はいるが恋活はしている」の合計)は269人(45%)、「現在恋人はいない」は331人(55%)となった。

クリスマスに関する意識調査

「現在恋人がいる」人でも、45%にあたる122人が「恋活をしている」状況から、クリスマスに向けて、よりよい相手を探したいという意向を持っている人が多いと予想される。「恋人はいない」と回答した人のなかで「クリスマスまでに恋人がほしい」人は101人(「現在恋人はいない」と回答した中で31%)、「クリスマスまでに恋人ができることを諦めている」が111人(33%)、「クリスマスまでに恋人はできなくてもいい」は119人(同36%)となった。恋人がいない人も、「恋人がほしい」「(欲しいけれど)諦めている」が64%となり、クリスマスを一緒に過ごす恋人を探していることがわかる。

次に「独身女性限定/2・もしクリスマスの夜に男性から誘われたら」、どういうレベルの男性だったら、一緒に夜を過ごせるか、という質問で、「クリスマスの夜の特別感」を調査したところ、「レベル1:どんな男性でもOK」の回答が最多の328人(55%)となった。この結果からは、クリスマスの夜は特別なものと感じており、「できる限り、一人では過ごしたくない」という意図が読み取れる。その背景としては、「一人で過ごすのはさみしい」「一人で過ごしているのを知られるのが恥ずかしい」など、さまざまな心理がありそうだ。

クリスマスに関する意識調査

「独身女性限定/3・最高に理想の男性と過ごせるならいくら払えますか?」という質問で、クリスマスの夜に理想の人と過ごすことの価値を図った。「10万円以上」216人(41%)、「お金は払いたくない」187人(35%)と両極に回答が分かれた。まず、「お金は払いたくない」と回答する人が多かった点については、「クリスマスの大事な人との夜はお金に替えられるものではない」という心理が読み取れる。一方で、「10万円以上」が最多を占めたのは、「クリスマスの夜は、とても貴重なもの。お金を払うのも惜しくない」という考えの反映と推測する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。