人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.19

1000人に聞く今年最も「心に残った音」

2016年も1年を振り返る時期となった。ちなみに「ラグビーW杯で日本が3勝」「マイナンバー制度」「安全保障関連法成立」「パリ同時多発テロ」「EUの難民問題」などは、すべて2015年のニュース。改めて時の流れの速さを感じさせる。補聴器や音響・振動計測器を手がけるリオンは、2016年「心に残った音」調査を20歳以上の男女各500名を対象に実施。その結果を1位から順に紹介していこう。

■2016年心に残った音の第1位は、「リオでの日本選手のメダル獲得や活躍時の実況音声」

2016年リオにおいて、日本選手団は前回のロンドン大会を上回る数多くのメダルを獲得するなど大活躍だった。第1位は、「リオでの日本選手のメダル獲得や活躍時の実況音声」となった。

2016年「心に残った音」調査

■第2位は、「アメリカ大統領決定の際のどよめきや街の声」
世界中が注目したアメリカ大統領選挙。開票日は、多くの人の注目を集め、予想外の結果に各地でどよめきが上がった。第2位には、「アメリカ大統領決定の際のどよめきや街の声」が入った。

2016年「心に残った音」調査

■「プロ野球でファイターズやカープ優勝時のスタジアムの歓声」が3位
2016年は、25年ぶりにセ・リーグ優勝を果たした広島東洋カープ、10年ぶりの日本一となった北海道日本ハムファイターズが話題となり、「プロ野球でファイターズやカープ優勝時のスタジアムの歓声」が3位となった。なお、地域別にみると、地元の北海道と中国地方では第1位となっている。

■第4位は「国民的アイドルグループ解散発表の際の悲鳴」
2016年、芸能界の話題を一手に集めた「国民的アイドルグループ解散発表の際の悲鳴」が第4位になった。8月に正式に解散発表があった際、多くのファンから嘆きの声が上がっていた。

■「リオの閉会式に安倍首相が登場した時の歓声」が第5位
2020年に向け、リオの閉会式にテレビゲームのキャラクターに扮した安倍首相が登場した際は、会場が大歓声に包まれた。第5位は「リオの閉会式に安倍首相が登場した時の歓声」となった。

■「東京都知事選挙での小池氏への応援と当選時の歓声」が第6位
2016年の夏、東京都知事選は連日報道され、東京都民だけでなく全国的な話題となった。第6位には「東京都知事選挙での小池氏への応援と当選時の歓声」が入った。地域別にみると、東日本エリアでは、第3位となっている。

■「EU離脱に関するイギリス国民の歓喜や不安の入り混じる声」が第7位
EU離脱が決まったイギリスの国民投票。日本国内でもまさかの結果に驚いた人が多くみられた。第7位は「EU離脱に関するイギリス国民の歓喜や不安の入り混じる声」となった。

■「大人気のモンスターゲームでレアキャラを探す人々の喧噪」が第8位
スポットとなった公園や施設などでは、モンスターゲームのレアキャラをゲットしたい人々が殺到し、話題となった。第8位には、「大人気のモンスターゲームでレアキャラを探す人々の喧噪」が選ばれた。

■「ノーベル文学賞に大物シンガーが決まった時の街の声」が第9位
日本人作家が有力候補となり、注目を集めたノーベル文学賞。2016年は、予想外の大物シンガーが受賞した。第9位には「ノーベル文学賞に大物シンガーが決まった時の街の声」が入った。

■「訪日した多くの外国人観光客が話す各国の言葉」が第10位
昨年に引き続き、2016年も多くの観光客が来日し、観光地などで各国の言葉を耳にした。「訪日した多くの外国人観光客が話す各国の言葉」が第10位となった。

■その他の回答
・地域防災無線から流れた緊急地震速報(男性、51歳、鹿児島県在住)
…熊本地震の時、深夜流れたため
・浦和レッズがシーズン1位を決めたときの歓声(男性、47歳、兵庫県在住)
…サッカーが好きで、今シーズン一番印象に残っているから
・韓国の大統領の退陣を要求する国民の声(女性、49歳、京都府在住)
…つい最近の出来事なので印象に残っている

【調査概要】
調査時期:2016年1月中旬
調査方法:インターネットを通じて実施
有効回答:1000名(20歳以上の男女各500名)

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。