人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.18

来年60回目を迎えるバレンタインの元祖メリーチョコレートの新作をチェック!

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆60回目を迎える2017年バレンタイン商品ラインナップ

 今や日本の風物詩としてすっかり定着したバレンタインが来年の2017年に60回目の還暦を迎える。バレンタインデーに女性から男性にチョコレートを送る日本流バレンタインはスタートしたのは1958年。メリーチョコレートカムパニーが、都内の百貨店でバレンタインセールを提案したのが始まりで、売上はたったの170円だった。しかしその後、徐々にチョコレートを送る風習が根付き、2016年のバレンタイン関連のチョコレート市場は前年比104%の427億円となっている。

 最近のバレンタインの特徴として、贈る相手は性別に関係なく身近な人、義理ではなく、お世話になっている人への感謝の気持ちなど、女性から男性に贈るという従来の形が変化している。特に近年のバレンタイン市場で伸長の要因となっているのが「自分買い」だ。メリーチョコレートでもこの傾向をふまえて、2017年のテーマは「わたしが楽しむバレンタイン」として、自分用としても贈っても楽しめる商品ラインナップになっている。

◎グレイシャス

 女性らしいかわいらしさが特徴のブランドで、毎年一番人気の「グレイシャス」。ローズ型、ミニトリュフなど愛らしいチョコレートの詰め合わせ「アマービレ」、プレーンチョコレ―トをロースガーデンのイメージで詰め合わせた「フラワークリスタル」、宝石箱のような缶に入った「グレイシャス」を展開。メリーチョコレートの代表作「ファンシーチョコレート」は、水彩画タッチの華やかなバレンタイン仕様に。

imgp0951

◎インヘリテッド

 タータンチェックが印象的な「インヘリテッド」は、大粒のチョコレートで一粒ずつゆっくりと味わえる「インヘリテッドコレクション」、シルクハット型の「プレーンコレクション」、メリーチョコレートのロゴをあしらったカメオのような「アソーテッドチョコレート」など、自分買い向けのラインナップが揃っている。

imgp0948

◎TSUWAMONO

 2017年に初登場する戦国時代の英雄たちをテーマにしたブランド。東軍VS西軍で東日本と西日本の武将をイメージした「つわもの揃い」、伊達政宗をイメージした「洒落者」、真田幸村をイメージした「切れ者」、織田信長の愛刀をモチーフにした「熱き者」、手裏剣をモチーフにした「疾風の者」など、刀剣女子や真田丸ファン、歴女にアピールしそうなラインナップ。

imgp0940

◎ピーターラビット×メリーチョコレート

 こちらも初登場の「ピーターラビット」とのコラボ。かわいらしさがあふれるチョコレートが詰まっていて、自分買いしたくなるようなラインナップ。ブック型のパッケージ「アソートチョコレート(ブック)」、「プレーンチョコレート(ブック)」「ブックコレクション」など、絵本の世界観をイメージしたパッケージも。

imgp0936 imgp0937

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ