人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.17

スマホは若者の「クリスマス」をどう変えたのか?

 スマホが普及したことによって、クリスマスの過ごし方にも少しずつ変化が見られるようだ。ジャストシステムが昨年、同社のセルフ型アンケートサービス「Fastask」を利用して、スマートフォンを所有する全国の20歳から39歳の男女661名を対象に、『クリスマスの情報収集に関する調査』を実施したところ、3割近くがクリスマス時期になると、SNS投稿をより意識すると答えたことがわかった。

スマホは若者の「クリスマス」をどう変えたのか?

■20代女性の4人に1人は、クリスマスの思い出を「Instagram」に投稿

 パーティやイベント、デートなどクリスマスの思い出を投稿するSNSとして「Twitter」を挙げる人が最も多く(33.0%)、次いで「Facebook」(23.3%)、「LINEのタイムライン」(22.7%)、「Instagram」(15.7%)だった。20代女性だけで見ると、「Twitter」(46.1%)を挙げる人が最も多いという結果は同じだったが、次いで多かったのは「Instagram」(26.1%)となっている。

■3割近くがクリスマス時期になると、SNSへの投稿をより意識するように

 スマートフォンを利用するようになってからクリスマスの過ごし方に変化はあったかを聞いたところ、「SNSへの投稿をより意識するようになった」と回答した人は26.7%だった。年代別で見ると20代が34.7%、30代が18.8%となっている。
※「あてはまる」「ややあてはまる」の合計

スマホは若者の「クリスマス」をどう変えたのか?

■3人に2人がクリスマスのデートプランのために、スマートフォンで情報収集

 今年、クリスマスに恋人とデートの予定があるスマートフォンユーザーの60.1%が、デートプランについて「主にスマートフォン」で情報収集することがわかった。次いで多かった情報収集の方法は「主にパソコン」(21.2%)となっている。また、クリスマスにレストランを利用する予定があるスマートフォンユーザーのうち、レストランを「主にスマートフォン」で調べる人は61.9%で、年代別で見ると20代が59.6%、30代が66.1%となっている。さらに、クリスマスに作る料理のレシピについて、「主にスマートフォン」で調べると回答した人は61.7%だった。性別で見ると男性が48.4%に対して、女性は73.9%となっている。

スマホは若者の「クリスマス」をどう変えたのか?

【調査概要】
・調査期間 :2015年12月8日〜12月10日
・調査対象 :スマートフォンを所有する全国の20歳から39歳の男女661名

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。