人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.17

ぐっすり眠れる枕を選ぶなら「かため」か?「やわらかめ」か?

人生の3分の1を占める睡眠。だからこそ、その時間をともに過ごすマクラは最良のパートナーであってほしい。各メーカーでは、低反発や高反発などバリエーションも豊富。あなたをよりよく眠らせてくれるのはどっちだ!?

◎よりストレスなく頭を預けられるタイプを

 横になり、脳が快適さを感じたところで眠りのスイッチが入るため、マクラ選びはかなり重要だ。各メーカーごとに、低反発や高反発、体圧分散など、素材の選択肢は幅広いが、ポイントは高さと寝返りのしやすさ、あとはやはり寝心地。高さと寝返りのしやすさは店舗でフィッティングし、スタッフに相談して体に合うものを選ぼう。一方、寝心地を左右するのはかたさだ。ここでは、機能性マクラを8種類も展開するテンピュールを代表する「かため」と「やわらかめ」のタイプを比較した。

〈かため代表〉

テンピュール『オリジナルネックピロー(M)』

テンピュール『オリジナルネックピロー(M)』
1万5120円

体圧を均一に分散するテンピュール素材を使用したスタンダードタイプ。波形形状が頭部から首筋に沿ってフィットし、仰向けや横向きで寝た時に背骨が真っすぐになるのを助け、首や肩の筋肉を解放。高さは5段階。●サイズ=W50×D31×H7〜10cm。

〈やわらかめ代表〉

テンピュール『トラディショナルピロー』

テンピュール『トラディショナルピロー』
1万6740円

カットしたチップ状の素材を内包して作られているため、チップ間に空気を含み、羽毛のマクラのようなふんわりとした感触を実現。頭や首、肩のラインに沿って包み込むようにサポートする。かたさは3種類あり。●サイズ=W63×D43cm。

寝苦しい夏に快適なまくらは、かためかやわらかめか

《結論!》

マクラは百人百様と言われるほど好みが分かれる。最終的には実際の寝心地で判断を。店舗で寝姿勢を変えて試し、しっくりくるものを相棒に。購入前に貸し出すシステムがあれば利用したい。

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ