人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.18

20代の7割「だじゃれ好き」、若い人ほど「だじゃれ年賀状をもらってうれしい」

だじゃれ文化の世界的普及、及びだじゃれ活用の振興を目的として、各種イベントの企画・開催、書籍出版、コンサルティングなどの事業を展開する一般社団法人日本だじゃれ活用協会は「年賀状とだじゃれ」に関するアンケート調査を初めて実施した。

普段だじゃれを言わない人も、なぜか使いたくなってしまうのが年賀状。一年の中でも、真剣にだじゃれを考え、書く機会が最も多いのが年賀状シーズン。また、自分が考えただじゃれが面白いのか、そうでもないのか、受け取った人がどう思うのか。気になっている人も多いはず。そこで今回、世代別、男女別含め「喜ばれるだじゃれ年賀状」を知ってもらうため、酉年 年賀状用だじゃれランキングの発表に至った。なお、候補作品は、同協会のメンバーが集結し、20作品を選出。その中から20代~60代の男女計600人に投票してもらった。

◆Q1.以下の酉(鳥)を使っただじゃれの中から、「面白いと思ったもの」を3つお答えください

来年の干支である「酉(鳥)」を使った、だじゃれ20個の中から面白いと思ったものを3つ選んでもらった。その中で最も票数を集めただじゃれは「ケッコーいい感じの一年になりますように」(188票)となった!次いで「色とりどりの酉年」(160票)、「今年は酉年、コケてもケッコー、立ち上がれ!」(149票)という順位になっている。

「年賀状とだじゃれ」に関するアンケート調査

性別ランキングの第1位は男女共に「ケッコーいい感じの一年になりますように」となった。男性の第2位は「とりあえず、あけおめ!」と「今年は酉年、コケてもケッコー、立ち上がれ!」(73票)が同票で第2位となったが、女性は「色とりどりの酉年」(94票)が第2位となっている。男性は「とりあえず、あけおめ!」のような勢いのあるだじゃれが好きなのだろうか。

「年賀状とだじゃれ」に関するアンケート調査

「年賀状とだじゃれ」に関するアンケート調査

◆Q2.あなたは、だじゃれを使った年賀状をもらったら嬉しいと思いますか

だじゃれを使った年賀状は約半数の人が嬉しいと回答している。年代別で見ると、10代が55.0%、20代が59.0%と高い数値となった。だじゃれはおやじギャグなど言われることもあるが、だじゃれを使った年賀状は若い人が喜ぶという意外な結果となった。

「年賀状とだじゃれ」に関するアンケート調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。