人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.16

時代に合わせて姿を変える"祈り"のカタチ5選

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

祈る対象は様々であっても、祈る主体はいつの時代も今をまさに生きる人たちである。そうした人たちを取り巻く環境が変化するにつれ、祈りの形も変化していくのは当然のことなのかもしれない。あるものは住宅事情に合わせてコンパクトに、あるものは生活のスタイルに応じてポップなデザインに、といった具合にだ。今回紹介する祈りの形たちも、5年後、10年後には全く別の姿に変わっていることだろう。

■日常に溶け込む縁起物『おまもりぽっけ』

日常に溶け込む縁起物『おまもりぽっけ』 日常に溶け込む縁起物『おまもりぽっけ』

一見するとポップな色使いのお守りに見える『おまもりぽっけ』。このデザインだけでも十分斬新だと思うが、『おまもりぽっけ』の正体はお守り型のポーチである。サイズは150mm×110mm×10mmとスマホやデジカメがすっぽり入るサイズなのだ。この製品を製作したテキススタイルプロダクトブランド「kichijitsu」は縁起物をモチーフにした生活雑貨を提案するブランドである。この『おまもりぽっけ』でも、日本で昔から親しまれている縁起物を柄に用いており、縁起物の代表格である富士山を用いたものもあれば、弁財天の遣いとして富をもたらす蛇を用いているものなどもある。柄のバリエーションは全部で9種類。価格はいずれも税抜3,499円で通販サイト「藤巻商店」から購入することができる。

■現代の居住空間に合わせた仏壇『偲壇(竹)』

現代の居住空間に合わせた仏壇『偲壇(竹)』 現代の居住空間に合わせた仏壇『偲壇(竹)』

昔ながらの仏壇というのは高さが人の丈ほどあり、現代の単世帯の居住空間には置くことが難しい。そんな現代の居住空間に合わせて形を変えたのがこの『偲壇(竹)』である。サイズは461mm×247mm×390mmとテーブルに載るくらいのコンパクトさ。装いを箱にすることに重点を置いたというだけであり、デザインを構成しているのは全て直線となっており、そのことがこの『偲壇(竹)』を和洋問わず今の室内空間に馴染ませる仕掛けになっている。この仏壇には扉がないため、その代わりにすだれとそのすだれを立てて収納する専用のすだれ立てが付属している。価格は税抜150,000円。「いのりの道具屋まなか」から購入することが可能だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。