人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.16

収入が増えれば、健康への取り組みに積極的になれる?

厚生労働省の発表によると、2015年度の医療費は41.5兆円に達し、13年連続で過去最高を更新している。また、2015年度は前年度からの伸び率がプラス3.8%(約1.5兆円増)と、過去5年間で最も高い伸びを示した。そこで「ウォーターヘルスケアという、新習慣。」を提唱して、整水器シェアNo.1を獲得している日本トリムは、既婚で子供のいる全国の30〜60代の男女300人を対象に、「家族の健康とお金に関する調査」をインターネットにて実施した。

jh172_350a

■家族の健康を心配している人は74%。男性より女性が家族の健康を心配する結果に

家族の健康について「とても心配している」「心配している」「少し心配している」と回答した人は74%と多くの人が心配しているという結果に。男女別に見ると、心配している人の割合は女性が79.3%で男性が68%となり、女性のほうが家族の健康を心配しているという結果となった。

家族の健康とお金に関する調査

■家族の中で1番健康を心配している相手は「配偶者」

特に誰の健康を気遣っているかという質問には、「配偶者」の健康を気遣う人が69.2%と圧倒的に多く、次いで「子ども」52%、「自分」50.2%という結果となった。親に対しては35.3%と、自分自身より低い結果となっている。

家族の健康とお金に関する調査

■実際に「家族の健康を守るために取り組んでいる」人は、43.3%と半数を下回る結果に

家族の健康を心配している人が74%に対して、実際に何か行動をしている人は43.3%と低く、心配していながらも特に行動を起こしていない人が多い傾向があった。男女別でみると、女性は半数以上の54.7%が「家族の健康のために取り組んでいる」に対し、男性は32%と男女差が大きく開く結果となった。女性のほうが、普段から家事などを通じて、直接的に家族の健康を気にし、行動をおこしやすいことが伺える。

家族の健康とお金に関する調査

■健康のための取り組みは「食生活の工夫」が1位、次いで「運動」が上位に

家族の健康を守るための取り組みとしては、「食生活の工夫」が女性93.9%、男性79.2%と男女共に高い結果となった。「運動」や「医療機関への受診」と比べ、生活に不可欠で取り組みやすい食生活だからこそ、工夫しやすいことが伺える。栄養バランスや食材、料理に使用する水など、様々な角度から食生活を気遣っている人も多いのではないだろうか。

家族の健康とお金に関する調査

また、取り組んでいる内容として男女で差が見えたのが、食と運動について。「食生活の工夫」と回答した女性は93.9%とほとんどの女性が回答しており、男性と比べ約15%差がある。一般的に、料理をする機会が多い女性だからこそ、家族の食生活がより身近で改善しやすいことが伺える。しかし、「食生活の工夫」以外の項目については、全項目について男性のほうが多い結果となっており、女性の健康に対する取り組みは、特に食生活に偏っていることがわかった。

家族の健康とお金に関する調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。