みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >人気SIMフリースマホ『HUAWEI Mate 9…

人気SIMフリースマホ『HUAWEI Mate 9/P9/P9 lite』<9番>勝負!アナタにぴったりなのはどれ?【PR】(2016.12.20) PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3.スペック

3機種の搭載チップセットとメモリー&ストレージは、次のようになっている。

Mate 9   HUAWEI Kirin 960 オクタコア RAM:4GB、ROM:64GB
P9    HUAWEI Kirin 955 オクタコア RAM:3GB、ROM:32GB
P9 lite  HUAWEI Kirin 650 オクタコア RAM:2GB、ROM:16GB

いずれもハイシリコン製オクタコアのKirinチップセットを搭載。特に最新のチップセットを搭載する『Mate 9』は、地図などの描画も早く、メモリー(RAMも4Gとたっぷりで、サクサクと快適な操作ができる。『P9』もハイエンドモデルとして十分なスペックだし、『P9 lite』も必要十分。なおいずれもmicroSDカードに対応しているため、ストレージの保存容量を増やすことができる点も安心だ。

4.カメラ

『Mate 9』と『P9』は、Leicaと共同開発したダブルレンズカメラを搭載している点は大きな魅力だろう。レンズは片方がモノクロ、片方がカラーで、『P9』は両レンズとも1200万画素。一方の『Mate 9』はモノクロレンズが2000万画素となっていて、よりディテールのきめ細かな写真が撮影できる。

人気SIMフリースマホ『HUAWEI Mate 9/P9/P9 lite』<9番>勝負!アナタにぴったりなのはどれ?【PR】 人気SIMフリースマホ『HUAWEI Mate 9/P9/P9 lite』<9番>勝負!アナタにぴったりなのはどれ?【PR】 人気SIMフリースマホ『HUAWEI Mate 9/P9/P9 lite』<9番>勝負!アナタにぴったりなのはどれ?【PR】
左から『Mate 9』『P9』『P9 lite』のカメラレンズ。『Mate 9』ズは縦に、『P9』は横に2つのレンズが並ぶ。

『P9 lite』はダブルレンズこそ搭載していないものの、1300万画素と高精細なソニー製イメージセンサーを採用。プロモードなど多彩な撮影モードを備え、暗い場所でもきれいに撮影できる。また3機種とも、前面には800万画素のインカメラを搭載。美肌加工された写真が撮れる「ビューティーモード」や、自分の顔を登録していつでもお好みのビューティーモードで撮影ができる「パーフェクトセルフィー」といった機能が利用できる。

5.ネットワーク

LTEの対応バンド数は、海外旅行先などで使えるエリアに差が出る。これは『Mate 9』が最も多く、次いで『P9』、そこからぐっと下がって『P9 lite』という並びになっている。対応する最大通信速度も異なり、『P9 lite』は最大150Mbps。『Mate 9』と『P9』は最大262.5Mbpsに対応している。

『Mate 9』はさらに、デュアルSIM、デュアル待ち受けにも対応。1台で2つの番号を持ち、LTEと3Gを同時に待ち受けすることができるのは大きなメリットだ。片方に渡航先で購入した現地のSIM、もう片方に日本で使っているいつものSIMをセットすれば、海外で現地の安価なSIMカードを使って通信料金を抑えつつ、日本からかかってくる電話も受けられる。仕事用とプライベート用という分け方もできる。通信機能では、2つのSIMが使える『Mate 9』が一歩リードと言えそうだ。

人気SIMフリースマホ『HUAWEI Mate 9/P9/P9 lite』<9番>勝負!アナタにぴったりなのはどれ?【PR】 人気SIMフリースマホ『HUAWEI Mate 9/P9/P9 lite』<9番>勝負!アナタにぴったりなのはどれ?【PR】 人気SIMフリースマホ『HUAWEI Mate 9/P9/P9 lite』<9番>勝負!アナタにぴったりなのはどれ?【PR】
左から『Mate 9』『P9』『P9 lite』のSIMスロット。いずれもnano SIMカードとmicroSDカードがセットできる仕様だが、『Mate 9』ではmicroSDの代わりにnano SIMカードを2枚セットして待ち受けができる。

6.スタミナ

バッテリー容量は『Mate 9』が4000mAh、『P9』と『P9 lite』が3000mAhと、いずれも大容量。ポータブルバッテリーを持ち歩く手間なく、たっぷりと使える。特に『Mate 9』は、省電力機能との相乗効果で、2日間たっぷりと使えるタフネスさ。さらに最新の急速充電にも対応し、わずか20分の充電でまる一日使える。

人気SIMフリースマホ『HUAWEI Mate 9/P9/P9 lite』<9番>勝負!アナタにぴったりなのはどれ?【PR】 人気SIMフリースマホ『HUAWEI Mate 9/P9/P9 lite』<9番>勝負!アナタにぴったりなのはどれ?【PR】 人気SIMフリースマホ『HUAWEI Mate 9/P9/P9 lite』<9番>勝負!アナタにぴったりなのはどれ?【PR】
左から『Mate 9』『P9』『P9 lite』の電源コネクタ。『Mate 9』『P9』はUSB Type-C、『P9 lite』のみmicro USBを採用している。

<< 1 2 3 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。