人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2017年の旅行業界のトレンドをブッキング・ドットコムが大予想

2016.12.14

4.心と身体を癒やす旅

日々を忙しく過ごす現代人にとって、旅行は心と身体のバランスを整える絶好のチャンス。旅行者のおよそ半数(48%)が、「旅行は過去の自分を振り返り、今後の生活をどう改善していくかを考える良い機会だ」と答えている。2017年は、特にインド、中国、タイの旅行者の間で心身の健康を第一に考えた旅行が増加する見込み。全体の44%は「スパやリラクゼーション」、38%は「健康維持のためのアクティビティを旅行に取り込みたい」と希望しています。さらに有給消化率の低さで知られる国も含め、51%が「2017年は前年より多く休暇を取る予定」であることが分かり、各国の宿泊施設もこの動きに合わせて着々と進化する。2017年にはヴィラやアパートメント、リゾートなど様々な施設で瞑想施設やヘルス・スパの開放、ウェルネスや自己発見のためのワークショップの提供などが無料で行なわれるようだ。

Booking.com

5.環境に優しい旅作り

近年「エコ」は旅行の重要なキーワードのひとつとなり、滞在先の状態の保持に努めることは旅行者・宿泊施設の両者にとってもはや常識。旅行者の36%が「2017年には前年より環境に優しい旅を心がけたい」と答え、39%は「エコツアーへの興味」を示している。滞在先での移動手段を選ぶ際に、速さよりも環境負荷の少なさを優先し、その代わりかかる長い移動時間に車窓からの美しい景色を満喫するなど、移動も旅の楽しみの一部にする人が増え、エコがいかに旅行に取り入れられているかがわかる。環境・文化の保全に対する関心はますます高まり、環境に優しい旅行への減税(41%の旅行者がこれに賛成)や「エコな旅」の国際基準の設定(賛成:41%)、交通機関提供者のカーボン・オフセットに関する情報開示の義務付け(賛成:26%)などについての議論が今後も積極的になされていくことだろう。

Booking.com

6.シンプル・イズ・ベスト

2017年、旅行は物質主義からインスピレーショナルなものに移行していく傾向がある。旅行者の58%が、「2017年は物質的な豊かさでなく、アクティビティや新しい経験を通して心の豊かさを追求できるような旅行をしたい」と答えている。「2017年の旅行でコンシェルジュ・サービスを重視する」と回答したのは全体のわずか10%、「豪華なバスアメニティが不可欠」と回答したのはわずか13%だった。大規模で華やかなものより、些細なところに小さな喜びや幸せを感じられるような旅が好まれているようだ。

Booking.com

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。