人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.14

超便利!ポケットに入るQNAPのNAS『TurboNAS TS-231+』

q001

■Introduction

今年もいよいよ12月、新しい年を迎える前に問題が発生した。Mac miniの内蔵ドライブが一杯になりそうなのだ! 画像データだけでなく最近はハイレゾの音楽データが増えてどんどん容量を圧迫していた。TimeMachineを使って外付けの2TBのポータブルHDDにバックアップを取り、さらにその一部に溢れそうなデータを保存していた。これはスマートでない。私が目指していたのはRAID1が使えるホットスワップ対応の2ドライブのHDDである。RAID1すなわちミラーリングとはデータを保存する時に2台のHDDに同時に書き込む方式で、もしHDDがダメになっても、もう1台に同じデータが残るという仕組みだ。定期的にバックアップを取るTimeMachineでは、データをバックアップできない時間帯が生じるが、RAID1なら保存した瞬間にバックアップも終わるためロスタイムがない。ホットスワップ対応とは、万一、どちらかのHDDがダメになった場合にNASの電源を落とさずにHDDを交換できる機能である。まあ、一般のご家庭には全く必要ないのだが、カッコイイので導入したい。

さらに外付けHDDではなく、NAS(Network Attached Storage)にしようと思った。なぜならNASがないとネットワークプレーヤーの試聴が出来ないからだ。それに最近のNASはネット経由で外出先からもデータにアクセスできる。これは便利、『iPhone7Plus』があれば外出先で仕事ができるし、打ち合わせに必要なデータを忘れても液晶画面に表示できる。これこそポケットに入るNASなのだ。

■Hardware

ツインドライブのNASで候補に上がったのはハイコスパで高性能なSynologyかQNAPである。どちらもストレージ部門からスタートした会社で、QNAPはハードウエアが、Synologyはソフトウエアが得意と言われている。どちらのNASにも豊富なアプリがあり、用途に応じてWebカメラ監視とかダウンロードサーバーとか必要な機能をプラスできる。デザインはSynology『DiskStation DS216j』の方が好みだが、デュアルコア1.4GHzCPUに1GBのメモリというスペックでQNAP『TS-231+』を選んだ。Amazon.co.jpで2万3000円ぐらい。人気モデルなのでWebサイトへの書き込みも多く、分からない事があってもすぐに解決できそうだ。このモデルはHDD別売なので、別途3TBのHDDを2台用意した。あと無線LANに接続するためハブも必要になり、システムがスッキリまとまるかどうかやや不安だ。

q002
Mac miniのHDDの空き容量が8.87GBになってしまった。これは何とかしなければ。

q003
そこで導入を決めたのがQNAP『TS-231+』である。ホットスワップ対応のホワイトボディ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。