人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.15PR

『HUAWEI MateBook』でビジネスマンのカバンの中身はココまで軽くなる!【PR】

【ファーウェイ・ジャパン】

 ビジネスマンが必要とする道具を運ぶ大切なカバン。最近はペーパーレス化で書類が減ったとはいえ、まだまだシェイプアップする余地はある。

 そこでオススメなのが、『HUAWEI MateBook(ファーウェイ メイトブック・以下MateBook)』を使うこと。実際に何を減らすことができるのか? 検証してみよう。

こんなにあった、バッグの中身が……

HUAWEI MateBook

『MateBook』を選べばココまでシェイプアップできるかもしれない

HUAWEI MateBook

■ノートパソコンが不要になる

HUAWEI MateBook

 エクセルやワードなど、ビジネスマンのデータ管理に必要なソフトを使うなら、パソコンがやはり使いやすいといえる。

 もちろん、会社内など固定回線があり、移動する必要がない環境であれば、パソコンに今でもアドバンテージがあるかもしれない。しかし、現代のビジネスはオフィスだけでは完結しない。モバイル端末を使って、いつでも、どこでもオンビジネス。それが当たり前。

 とはいえ、スマートフォンの画面サイズでは、少々小さい。そこでタブレットとなるのだが、AndroidやiOSのタブレットではマルチタスク性能やアプリの互換性にやや不安がある。ビジネスシーンではやはり、OSはWindowsにと考えるのが、リスクヘッジの発想かもしれない。

 そこで、『MateBook』をオススメしたい。

HUAWEI MateBook
『HUAWEI MateBook』
オープン価格(実勢価格7万9800円~)
ディスプレイ:12インチQHD(2160×1440ドット)。CPU:Intel Core M3/Core M5。RAM:4GB/8GB。ストレージ:128GB/256GB。OS:Windows 10。通信:IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1。

 狭額縁のフレームにより、12インチの大画面でいて縦194.1mm、横278.8mmのコンパクトサイズに抑え、厚さも6.9mmと極薄。重量は約640gと軽量ではあるが、バッテリーは大容量で、実用面も重視している。

 OSはWindows 10の64bit版で、CPUは第6世代のIntel Core Mプロセッサ、デュアルコアで最大3.1GHzとパワフル。さらに、メモリは4GB/8GBから選べて、ROMも512GBのSSDまで選択可能だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ