人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.14PR

ビジネスもプライベートもこれ1つでカメラいらず!進化したLeicaレンズを搭載するモンスタースマホ『HUAWEI Mate 9』【PR】

【ファーウェイ・ジャパン】

ファーウェイから最新のSIMフリースマートフォン『HUAWEI Mate 9(以下Mate 9)』が登場した。Mate 9は5.9インチフルHDの大画面を搭載しつつ片手で操作可能な狭額縁デザインを採用。高級感あるメタル素材を用いた筐体の内部には、同社が世界トップクラスとうたう超高速チップセットKirin960を搭載する。スマートフォンは小さくても高性能なコンピューター。長く使っていればPCと同様に断片化などによってパフォーマンスが低下し、動作が重くなるといった不具合も起きるが、Kirin960はスマートフォンのパフォーマンスを常に最適に保てるアルゴリズムを使っているので、長期間使用したあとでも、パフォーマンスが大きく低下するようなことはないという。

HUAWEI Mate 9
サイズは約幅78.9×高さ156.9×薄さ7.9mm、重さ約190g。4GBのRAM、64GBの内蔵ストレージのほか、256GBまでのmicroSDにも対応する。

その高速なチップセットの恩恵を、最も体感できるのがカメラだ。『Mate 9』は、「一眼レフカメラのような写真が撮れる」と人気を集めた『HUAWEI P9』から、さらに進化を遂げた第二世代のLeicaデュアルレンズを搭載。加えて4000mAhと大容量でたっぷり使えるバッテリーや、背面には一瞬でアンロックできる、安心かつ便利な指紋認証機能も搭載している。まさにハイエンドを極めたSIMフリースマートフォン『Mate 9』の魅力を、具体的な利用シーン例を交えて紹介していこう。

HUAWEI Mate 9
背面にはRGB1200万画素+モノクロ2000万画素のダブルレンズカメラと、指紋センサーを搭載。フロントカメラは800万画素。

<あらゆるシーンで使える、役立つ、楽しめる!驚きのスペック&機能>

○世界初搭載のオクタコアGPUでサクサク

『Mate 9』が世界で初めて搭載したチップセットKirin960は、超高速かつ省電力性能に優れたオクタコアのCPUとGPUが採用されている。このチップセットには、ユーザーの操作を予測したり、アプリの特徴を分析し、端末のリソースを最適化する機械学習アルゴリズムが備えられていて、長く使っても変わらず、サクサクの操作性がキープされるとのこと。またオクタコアGPUの効果により、描画性能が格段にアップしたおかげで、地図の3D表示や写真のサムネイル表示、高精細な動画やゲームもサクサク表示できる。

HUAWEI Mate 9
初めての場所を訪れる際など、ビジネスでは地図を使用するシーンも多い。急いでいるときに表示が遅いとイライラさせられるが、『Mate 9』ではそうしたストレスから解放される。またプライベートでは『ポケモンGO』などの位置情報ゲームでも、高い描画性能が実力を発揮。AR表示ももたつかず、スムーズにゲームが楽しめる。

〇デュアルSIM、デュアルスタンバイに対応

『Mate 9』のSIMスロットには、2つのnano SIMをセットすることができる。1台のスマートフォンで2つの電話番号を使い分けられる「DSDS」こと、デュアルSIM、デュアルスタンバイに対応しているのだ。片方はCA(キャリアアグリゲーション)を含むLTEに対応。もう片方は3G対応で、7つのWCDMAバンドと4つのGSMバンドをサポートし、世界217の国や地域で1334以上の通信事業者のネットワークをカバーする。

HUAWEI Mate 9
たとえば海外旅行の際、普段使っているSIMカードに加えて、現地の通信キャリアのSIMカードをセットすれば、日本からかかってくる電話はそのまま受けられるようにしつつ、データ通信や現地同士のやり取りには、現地の安価なプリペイドSIMを使うことが可能に。またビジネスとプライベートで電話番号を使い分けたいといったニーズにも重宝する。

〇大容量バッテリー搭載かつ高速チャージ可能

『Mate 9』はモバイルバッテリー不要でたっぷり使える、4000mAhの大容量バッテリーを搭載するだけでなく、USB type Cケーブルによる急速充電にも対応。端末と付属の充電器間で通信し、常に最適な電圧・電流で安全かつ高速に充電ができる仕様になっている。約20分で一日分の充電が可能だ。

HUAWEI Mate 9
出勤前の忙しい朝、うっかり充電忘れに気づいても、支度を調える時間でリカバリーが可能。また4000mAhの大容量バッテリーがあれば、2日間程度はたっぷり使うことができる。一泊二日の旅行や出張程度なら、モバイルバッテリーはもちろん、ケーブルや充電器も持っていかなくてOK。荷物を軽く、身軽に旅することができる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ