人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.12

今年結婚した芸能人で最もSNSの反響が大きかったのは?

「ゼクシィ結婚トレンド調査2015」によれば、全国平均の費用総額は約352.7万円、招待人数は約72.5人。ちなみに首都圏は平均370.7万円、68.7人だった。そんな一般人に対し、芸能人の挙式は別次元の世界。その豪華さゆえ、ニュースとなる場合も多い。そこでホットリンクはソーシャル・ビックデータ分析ツール「クチコミ@係長」を用い、『2016年に結婚した芸能人』についてTwitter上の反響を調査。その結果を発表した。

『2016年に結婚した芸能人』についてTwitter上の反響を調査

今年結婚した芸能人について、結婚報道から1週間のTwitter上の投稿件数を調査し、ランキングにしたところ下表の結果となった。Twitter上で最も反響が大きかったのは、今年1月に結婚を発表したDAIGOさんと北川景子さん夫婦で、6万3089件(Twitter10%サンプルより算出)のツイートがあり、2位以下を大きく引き離し断トツの1位となった。2位は一般男性と結婚した相武紗季さん、3位は賀来賢人さんと榮倉奈々さん夫婦という結果となった。

『2016年に結婚した芸能人』についてTwitter上の反響を調査

DAIGOさん北川景子さん夫婦の結婚に関するツイートには、「お幸せに」「祝福」「嬉しい」といった単語が頻出関連語に上がっており、二人の結婚を喜ぶ声や、祝福する声が多かったことが推測される。また、「KSK」や「プロポーズ」なども上がり、DAI語でのプロポーズも大きな注目を集めたことがわかる。「理想」「完璧」も多くツイートされており、二人の関係に憧れを抱くユーザーも多かったようだ。相武紗季さんの結婚に関しては、「一般男性」「社長」「相手」などが頻出関連語上位に上がり、結婚相手の男性について話題が集まったことがわかる。また、「衝撃」「悲報」「ショック」などの単語も上がっており、突然の発表にショックを受けたファンも多かったことが推測される。賀来賢人さん榮倉奈々さんの結婚に関するツイートの頻出関連語には、「ドラマ共演」「きっかけ」「Nのために」といった単語があがっており、ふたりの馴れ初めに注目が集まったことがわかる。

また、メダルを獲得したリオ五輪直後に結婚が報道された江宏傑さん福原愛さん夫婦は、「おばさん感激」や「感激」「めでたい」といった単語が頻出関連語に多く上がり、幼いころからずっと知っている“卓球の愛ちゃん”が結婚することに、親心のようなものを感じた人も多かったようだ。和田唱さん上野樹里さん夫婦の結婚に関しては、「平野レミ」「有名人一家」「息子」といった単語が頻出関連語上位となっており、和田唱さんの家族について注目が集まったことがわかる。

『2016年に結婚した芸能人』についてTwitter上の反響を調査

ツイートしたユーザーの男女比をみると、相武紗季さん、片岡愛之助さん藤原紀香さん夫婦、江宏傑さん福原愛さん夫婦、涌井秀章さん押切もえさん夫婦は、男性の割合が高いことがわかる。最も男性比率の高かった相武紗季さんの結婚だが、先にふれたようにショックを受けた男性ファンが多くつぶやいたことが一因と考えられる。また、賀来賢人さん榮倉奈々さん夫婦は女性の割合が高い結果となった。これは、「Nのために」を見ていた多くの女性ファンが共演者二人の結婚を祝福するツイートをしたことが関係しているようだ。

『2016年に結婚した芸能人』についてTwitter上の反響を調査

ツイートしたユーザーの年齢別シェアをみると、DAIGOさん北川景子さん夫婦、相武紗季さん、賀来賢人さん榮倉奈々さん夫婦、長谷部誠さん佐藤ありささん夫婦は、20代未満のユーザーが占める割合が高いことがわかる。最も20代未満の割合が高かったDAIGOさん北川景子さん夫婦は、北川景子さんのTVドラマでの活躍に加え、数多くのバラエティ番組で活躍するDAIGOさんが特に若い年代に人気を集めているためだと考えられる。

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。