人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.11

睡眠の質が向上するって本当?ロフテーとべネクスが作った最強の枕『リラクシングピロー』

 厚生労働省が発表した「平成24年度 国民健康栄養調査」によれば、日本では国民の5人に1人、高齢者に至っては3人に1人が眠りに問題を抱えている。ハードワークやストレスで眠れない人たちが多い現代、寝具の果たす役割は大きくなり、短い時間でも質の高い睡眠が得られる高い機能が求められている。

 中でもマットレスとともに重要なのが、枕である。いくらマットレスが快適な寝心地を実現する自分好みのものであっても、枕が合っていないと寝心地が落ち、質の高い睡眠が取れない。これは誰もが実感できるところだろう。枕もマットレス並みにこだわった方がいいのは明らかだが、これから注目したいのが、「積極的な休養」に着目してロフテーとベネクスが共同開発した『リラクシングピロー』である。

『リラクシングピロー』は「眠れない人たちがよく眠れる枕」をテーマに開発したもので、両社のダブルネームで展開する新商品。11月10日よりロフテー運営のオンラインショップで予約販売を開始し、2017年1月にオーダーメード枕専門店「ロフテー枕工房」での販売が予定されている。ロフテーがピローの開発を担当し、専用のピローケース(以下、リラクシングピローケース)にベネクスが開発した特殊素材『PHT』が採用されている。果たして、「積極的な休養」を実現する『リラクシングピロー』とはどのようなものなのであろうか?

リラクシングピロー リラクシングピロー

■独自の頸部支持構造+特殊繊維による副交感神経への働きかけ

 まず目を引くのが、その大きさである。サイズが70×43mmと一般定な枕よりワイド。ひと目見て、明らかに一般的な枕より大きいことがわかるほどだ。枕の幅が広いほど安心感が得られるという、ロフテーの調査結果に基づき、サイズを大きくした。ワイドということは、寝返りを打っても頭が枕から外れずことがなく、ゆったり眠れるということである。朝、起きたときに目覚めの良さを実感できるのではないだろうか。

 ピローは、ポリエステルわたを使った外側地と、パイプを使った中素材の二重構造。外側地が中素材のカバーになっており、頭部が触れるところに、柔らかいポリエステルわたの部分があたるようになっている。中素材のパイプで安定させ、外側地のポリエステルわたで頭部を包むという仕組みだ。頭を載せたときの柔らかい触感と、頭が沈み込んだときのしっかりした安定感により、よりリラックス感が期待できるという。

 外側地は、弧を描いたキルティングパターンが特徴的だ。これは寝返り時の頭やアゴの動きを計測した結果で、寝返りをサポートするためのデザインしたものだという。また、中素材は5つのブロックに分かれ、高さがブロックごとに異なる。中央が頭の丸みを考慮して一番低く、両サイドは横向きになって寝ることを考慮して一番高い。寝方や頭部形状を考慮した頸部支持構造となっているわけである。

リラクシングピロー リラクシングピロー

 こうしたピローの特徴で得られる高い睡眠の質をさらに引き上げるのが、『リラクシングピローケース』といってもいいだろう。ベネクスが開発した休養時専用の『リカバリーウェア』に採用されている生地が採用されているからだ。

『リカバリーウェア』ならびに『リラクシングピローケース』に採用されている生地は、ベネクスが開発した特殊素材『PHT』。『PHT』はナノプラチナなどの鉱物を練り込んだポリエステル繊維。鉱物が発する微弱な電磁波が、自律神経のうちリラックス状態に働く副交感神経に働き、その結果、筋肉をほぐし、血流を促すため、疲労回復や安眠効果が期待できる。『リラクシングピローケース』は『PHT』のほか、寝汗をかいてもさらっとした肌触りになるよう、綿も10%編み込んでいる。

『リラクシングピロー』の感触を少しだけ確かめてみたが、頭部が触れるポリエステルわたが柔らかいので、頭が触れた瞬間はふわっと感じるものの、頭が沈み込むうちに、中素材の固さか感じれら、安定感が実感できる。この安定感はなかなかで、中央部が低いために後頭部の収まりがよいことも、安定感に寄与しているように思える。加えて、両サイドが中央より高いことは、寝返りを打ってみると実感できるほど。思いのほか高く、側頭部を固定するような機能性も持たせているようにも感じた。全体的に頭部の収まりがいい印象が強く、これを使ってみればリラックスできるのではないか、という期待をさせてくれた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ