人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

六本木ヒルズ「星空のイルミネーション」会場で『HUAWEI P9』のLeicaダブルレンズの実力を体験!【PR】

2016.12.13PR

【ファーウェイ・ジャパン】

クリスマスシーズンや年末年始に突入し、各地でイルミネーションや夜景を楽しむさまざまなイベントが開催されている。そんな中、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、夜景とプロジェクションマッピングとプラネタリウムが競演する『星空のイルミネーション』が2017年1月29日まで開催中されている。会場では、スマホで夜空の星を操るプロジェクションマッピング『星にタッチパネル劇場』、2種類のプラネタリウム「プラネタリウム“MEGA STAR”」と「3D SKY WALK」に加え、『HUAWEI P9』『HUAWEI Matebook』など、ファーウェイの最新デバイスを体験できるスペースも用意されている。

会場は六本木ヒルズ52階の屋内展望台。窓からは都心の景色が一望できる。
会場は六本木ヒルズ52階の屋内展望台。窓からは都心の景色が一望できる。

『君の名は。』とコラボをしており、会場には映画のポスターなども展示。 『君の名は。』とコラボをしており、会場には映画のポスターなども展示。
『君の名は。』とコラボをしており、会場には映画のポスターなども展示。

◆『君の名は。』の映像や星空をスマホで操作するプロジェクションマッピング

「星にタッチパネル劇場」は、AR三兄弟が手掛ける参加型のプロジェクションマッピングだ。六本木ヒルズ展望台の16面の窓を巨大スクリーンにして、自分のメッセージが流れ星になる演出や、大ヒット映画『君の名は。』とコラボした新海誠監督作品のワンシーンなどを夜空に映して、自分のスマホを使って操ることができる。52階屋内展望台から見える都心の夜景をバックにさまざまなメッセージや映画のワンシーンが流れる様子は、ここでしか見られない幻想的な景色だ。このプロジェクションマッピングは17時から閉館まで楽しめる。

事前に「星にタッチパネル劇場」のアプリをダウンロードしておけば、巨大な窓を使った迫力ある映像が楽しめる。
事前に「星にタッチパネル劇場」のアプリをダウンロードしておけば、巨大な窓を使った迫力ある映像が楽しめる。

◆2つのプラネタリウムで宇宙空間を疑似体験

会場では2種類のプラネタリウムも楽しめる。1つは、全方位型の「プラネタリウム“MEGASTAR”」。 プラネタリウム・クリエイターの大平貴之氏によるプロデュースで、満天の星に取り囲まれて宇宙空間に降り立ったような気分が味わえる。その空間にいると、リラックスしすぎて時間が経つのも忘れてしまうほどだ。通路を歩行しながら楽しむ「3D SKY WALK」は、大平貴之氏による新開発の自然光方式を採用し、最新の観測データを基にした膨大な星を立体的に空間へ浮かび上がらせている。星の中を歩いていると、まるで宇宙を散歩しているような感覚が楽しめる。

「プラネタリウム“MEGASTAR”」は、星空の中にいるような気分が楽しめる
「プラネタリウム“MEGASTAR”」は、星空の中にいるような気分が楽しめる。ちなみにこれも『HUAWEI P9』で撮影したもの。

「3D SKY WALK」は、歩きながら星を立体的に感じることができる。
「3D SKY WALK」は、歩きながら星を立体的に感じることができる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。