人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.10

話題作が目白押し!年末年始に観たい映画ランキング

東宝の発表によれば、8月26日公開のアニメ映画『君の名は。』の興行収入が194億円を突破。宮﨑駿監督の『もののけ姫』を抜いて、歴代3位となった。では、多くの話題作が名を連ねる年末年始の劇場映画ラインアップにおいて、どの作品が期待を集めているのか。

映画・テレビ・ゲーム・コミック・音楽などエンターテイメントの最新消費者動向を独自のユーザー調査から読み解く、企業向け定期サービス『eb-i Xpress』(イー・ビー・アイ・エクスプレス/配信元:カドカワ)。今回『eb-i Xpress』は、全国47都道府県に在住する5~69歳の男女を対象とした、年末年始に公開が予定されている劇場映画の鑑賞意向について、実態調査を行なった。

年末年始に公開が予定されている劇場映画の鑑賞意向について、実態調査

【年末年始公開の劇場映画鑑賞意向総合ランキングTOP20】

年末年始に公開が予定されている劇場映画の鑑賞意向について、実態調査

今回の調査で最も鑑賞意向が高かった年末年始公開予定の劇場映画は、12月23日に日本で世界最速公開となる、『バイオハザード:ザ・ファイナル』となった。日本発のホラーアクションゲームを原作とし、シリーズ第6弾にして最終作となる同作品は、男性からの高い支持を集め、30~50代の世代別ランキングにおいてもトップとなっている。一方、総合2位の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、ヒット作「ハリー・ポッター」の新シリーズで、特に女性からの得票を多く集めたほか、10~20代の世代別ランキングで1位となった。

そのほか、「スター・ウォーズ」シリーズ初となるスピンオフ作品『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(総合5位)や、特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの劇場版最新作『仮面ライダー平成ジェネレーションズDr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』(総合10位)といった作品が、主に男性層の支持を獲得。京都を舞台とした男女の純愛ラブストーリー『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(総合7位)、登場人物をコミカルに描いた雪山サスペンス「疾風ロンド」(総合9位)と、それぞれ同名小説を映画化した両作品が女性からの支持を多く集めた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。