みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >深度合成モードとフォーカスブラケッ…

深度合成モードとフォーカスブラケットでピントも完璧なオリンパス『OM-D E-M1 MKII』(2016.12.10)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所■Introduction私が使っているOLYMPUS『OM-D E-M10 MKII』になくて『OM-D E-M1 MKII』にあるもの。それが深度合成モードである。この機能を使えばマクロ撮影時に手前から奥までピントの合った画像がカンタンに撮れるのだ。絞ればいいと思うだろうが、F22まで絞っても手前から奥までピントが合わないこともある。しかもあまり絞ると回折現象が生じて解像感が悪くなってしまう。気分的にはF8かF11ぐらいで撮りたい。それではどうするのかと言えば、画面全域にピントが合うアングルに変更する。これは屋内でのマクロ撮影だから可能であって屋外の撮...

@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。