人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.12.07

イマドキ女子大生の理想の男性像「肌がつるんと白くて塩顔のゆでたまご男子」

女の子のためのマーケティング会社、AMF、学生団体「理系女子コミュニティ 凛」、ミス理系コンテストを主催する学生団体「CURIE」、女子大生キャリアフリーマガジンLily(リリィ)編集部の4団体は、先日、理系・文系の女子大生による「理想の男子について語る座談会」を開催した。

座談会には、現役女子大生起業家であるAMF椎木里佳、学生団体CURIE主催の「ミス理系コンテスト」2014年ファイナリスト飯島しずかと、凛・Lilyの両大学生団体メンバーをはじめとした計17名の現役女子大学生・大学院生が集まり、好感度の高い「理想の男子像」や「男子の身だしなみ」について議論した。その結果、好感度の高い男子は、見た目は清潔感があり、肌がつるんと白くて塩顔。内面的には、最初は人見知りで“カタい”対応なのに、仲良くなるとものすごく優しい「ゆでたまご男子」であることがわかった。

男子の身だしなみについては、清潔感が好感度を左右すると考える女子が多く、肌がキレイな男子は生活や性格までしっかりしている印象がある、という意見が数多く出された。また、BBクリームや寝不足時のクマ隠しなどの軽いメイクについても“アリ”と考える女子大生が多いことも判明した。

理想の男子について語る座談会

■女子大生の理想「ゆでたまご男子」の条件

外見:
・清潔感が一番大切
・爪がキレイに切られている、寝グセがないなど、身だしなみは気にしている
・肌は「つるつる」で色白がいい。塩顔だとベスト
・スキンケアは当たり前、男子がパックをしているのもアリ
・ファッションは凝っていなくてよいが、清潔感がありシンプル

内面:
・初対面では人見知りで”カタい”印象
・仲良くなって“殻”がとれるとすごく優しい
・栄養価の高いゆでたまごのように、知識が豊富
・中心に黄身の詰まったゆでたまごのように、自分の芯がある
・毎日食べても飽きないゆでたまごのように、派手ではないが長く一緒にいても飽きない
・ファッションや身だしなみについての女子のアドバイスを素直に聞いてくれる

理想の男子について語る座談会

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ