人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

乗ってわかった車中泊もできるホンダのコンパクトミニバン『フリード+』の○と×

2016.12.04

■商品として魅力的か?★★★★(★5つが満点)

 もうひとつ『フリード』と『フリード+』の長所を挙げると、カーナビにスマートフォンをつなげると「CarPlay」と「Android Auto」が使える点だ。スマートフォン経由でインターネットに接続して、Google Mapsを使ったり、ストリーミングで音楽や動画を楽しんだり、クルマの効能をより一層と拡張して使うことができる。

img_2113 img_2111

「このクルマを買ってくれそうなユーザーの調査を行ないましたが、特に若い人たちの間では“車内でインターネットに接続できるか?”“自分のスマートフォンやタブレット端末を車内外の区別なく使いたい”という要望が多かったのです」(開発担当者)

『フリード』と『フリード+』を買ってくれるような人がクルマに何を求めているのか?若者たちは「走る、曲がる、止まる」というクルマの基本性能より「インターネットとつながる」という新しい価値を重視している。それを見逃さなかった開発陣は、きちんとユーザーと社会を向いていた。当たり前のことのように聞こえるかもしれないが、変化の激しい現代ではこれがなかなか難しい。

img_2119

 残念なことに『フリード』より高価なクルマでもインターネットにつなげられない日本車はまだ多い。今年発売された日本車の中には、輸出仕様では可能なのに、日本仕様では不可能というものもあった。ユーザー軽視も甚だしい。

 最新の安全デバイスも装備され、使いやすく、乗りやすい『フリード』と『フリード+』だが、最大の難点はエクステリア(外観)デザインに、それが体現されていないことだ。フロントフェイスは『フィット』のイメージが強過ぎて、サイドやリアビューは没個性。全体としては、凡庸で退屈。とてももったいないと思った。

■関連情報
http://www.honda.co.jp/FREED/

文/金子浩久

img_2130

モータリングライター。1961年東京生まれ。新車試乗にモーターショー、クルマ紀行にと地球狭しと駆け巡っている。取材モットーは“説明よりも解釈を”。最新刊に『ユーラシア横断1万5000キロ』。

■連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。