人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

各社が続々投入!コンビニの「食べるスープ」が人気の理由

2016.11.30

夕食の主食に人気!「食べるスープ」が女性に受ける理由とは?

コンビニ各社がこの1〜2年、「食べるスープ」に力を入れている。主に人気なのは女性のようで、夕食の主食としてよく売れているという。女性にとって食べるスープは、どのあたりが魅力なのか、そしてアレンジ方法などをスープ研究家に聞いてみた。

■コンビニ各社が手掛ける「食べるスープ」の種類

「食べるスープ」の先駆けといえば「スープストックトーキョー」だ。“食べるスープの専門店”として、トマト系スープやオニオンスープ、かぼちゃスープ、シチューなどバラエティに富んだスープを展開している。

このオシャレで食べやすく、それだけで主食にもなる、食べるスープ。今では一般的に広がり、すでに各コンビニの総菜としても多く展開されている。ローソンには具だくさんの『餃子と野菜の和風スープ』や『ボストンクラムチャウダー』、ナチュラルローソンではカロリーを抑えた『鶏ささみと生姜のもち麦スープ』などがある。セブン-イレブンやファミリーマートでも、野菜をたくさん使った個性豊かな「食べるスープ」の展開に力がそそがれている。

いずれも主食として申し分ないほど、具だくさんで食べ応えがあるものの、素材はヘルシーという傾向がある。お腹いっぱいになっても罪悪感のないものが多いようだ。

■スープ研究家に聞く!「食べるスープ」が人気の理由

夕食の主食に人気!「食べるスープ」が女性に受ける理由とは?

では、この食べるスープ、なぜここまで人気を集めているのだろうか。スープ研究家である東條 真千子さんに分析してもらった。

「健康志向が定着している中で、“野菜をもっと摂らなくてはいけない”という意識が多くの人にあります。けれど毎日の食生活で何種類もの野菜をたくさん食べるということは自力では難しく、総菜や専門店を利用する人が増えているのだと思います」

厚生労働省「健康日本21(第二次)」では、成人1日当たり、350gの野菜摂取が目標とされている。1日5皿、70gずつ摂るのが目安だ。しかし、20~40代では約7割しか摂れていないという。近年、国からは野菜摂取を増やすよう呼びかけられていることもあり、多くの人に「野菜を摂らなきゃ」という意識が根付いているようだ。

これが大きな一つの背景となり、自分で調理せずとも手軽に野菜がたっぷり摂れる「食べるスープ」が受けているようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。