人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.29

今年は早そう?インフルエンザ流行入り宣言まもなくか

ビッグデータレポートでは毎年、ヤフー検索のデータから分析したインフルエンザ感染状況をレポートしている。昨年も「ビッグデータ分析でみるインフルエンザ感染状況:2015-2016」のレポート上にて、「厚生労働省の定点患者数予測数値」と、全国のリアルタイムの流行状況を可視化した「インフルエンザ状況マップ」を毎週更新した。

今年も引き続き同様のコンテンツを更新していく予定だが、今年のデータを調査したところ、まもなくインフルエンザの流行入り宣言ラインに到達しそうにあることがわかり、一足早く速報レポートを公開した。

インフルエンザ状況マップ

「インフルエンザ流行入り宣言」とは、厚生労働省より毎週報告されいてる「インフルエンザ定点当たり報告数」の定点あたりの数が1を越えた時に宣言される。11月11日に厚生労働省より公開された数値は「0.59」。この数字を基準にヤフー検索データを使ったロジックに当てはめると、すでに11月18日に「1.05」となっており、流行入り宣言の基準である「1」を超えている。

検索データから推定されるインフルエンザ患者報告数

インフルエンザ

昨冬のインフルエンザ流行入り宣言は1月15日なので、予測値どおりの結果となれば約2か月も早い流行入りとなる。またこの10年間をみても、2009年の新型インフルエンザ流行の特殊要因(この時は8月の時点で定点報告数が1を越えていた)を除くともっとも早い流行入りとなりそうだ。

もちろん予測値にはブレがあるので断定はできず、流行入り宣言の数値に達していないこともあるが、直近のデータでも患者数が増えている傾向に変化がないので、昨年より早めのインフルエンザ対策が必要だといえる。

※編集部追記 ついに流行シーズン入りが宣言
11月25日付の最新版「インフルエンザ定点当たり報告数」における定点値は1.38となり、ついに流行シーズン入りが宣言された。年間第46週でのシーズン入りは、2015〜2016年シーズンの2016年第1週、2014〜2015シーズンの2014年第48週よりも早く、いっそうの注意と警戒が必要だ。

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。