人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

お値段なんと73万円!最高峰家庭用ミシンのお手並み拝見

2016.11.29

 みなさん、ミシン使ってますか?

 使ってない!? もったいないですね。まるで3Dプリンターみたいに立体物を作れる、そんな楽しみを、味わってないなんて…

 …と言いつつ、筆者もすっかりご無沙汰してました。ということで、最新ミシン事情を探ってみたところ、驚きのミシンを発見! なんと、価格は税別で73万円!!

「73万円とは、軽自動車『ミラ イース』のお買い得モデルが新車で、『ロレックス エクスプローラーII』も新品で買えてしまう値段じゃないか! ブルブルブルっ…」と震えつつも、謎の73万円ミシンの秘密に迫るべく、ブラザーの東京ショールームにお邪魔した。

■刺しゅう用ミシンの最高峰「イノヴィス VF1」

日本最高額!?何でミシンが70万円もするの?

ブラザー ソーイングステーション Innovis(イノヴィス) VF1。税別70万円。高精度な刺しゅう表現を実現する、先進機能を満載。LEDバックライト付きの大型TFT液晶パネルを採用。画面に触れての操作は、まさにガジェット感覚。

 家庭用ミシン販売の国内シェア30%以上のトップメーカー、ブラザーの東京ショールームにお邪魔すると、数々のミシン、プリンターが出迎えてくれる。その奥にある別室に、ウワサの超高額ミシン「イノヴィス VF1」は鎮座されていた。刺しゅう機が取り付けられたそのサイズは、高さ33.2×幅81.5×高さ46.4cmの堂々としたもの。前面には大型の液晶パネルを備えるが、無骨さは一切ない。

「73万円もするってことは、エヴァンゲリオンみたいにメカニカルなミシンなんだろうな」と思っていたが、冷静に考えれば女性ユースが大半の商品。まずは、「優しく笑顔で出迎えました」とでも言いた気である。

日本最高額!?何でミシンが70万円もするの?

上蓋を開けると刺しゅう糸の交換も簡単。手元を照らすライトはLEDで明るい。ボディ右にささっている白いセンサーペンで生地に触れれば、思い通りの場所、方向に刺しゅう模様が入れられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。