人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.29

冬はホットでいかが?温めて飲むベルギービール2種

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~『冬はホットでいかが?温めて飲むベルギービール2種』

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


 ホットワインを初めて飲んだのは、プロドリンカーらしからぬ遅さで、40歳ぐらい、15年前頃だったか。バーで、一緒に行った知人に勧められて、リンゴ入りの温かなワインは、少々のエグ味を感じながらも、これはいけるな!と思った。

 そして、ホットビールを飲んだのもそのあとぐらいと遅かった。もちろん我がテリトリー、ベルギービール。ベルギービールのビアバー「ブラッセルズ」神楽坂店だった。飲んだ銘柄は、今回紹介する「リーフマンス グリュークリーク」なのだが、この時は、250mlという小瓶だった。グラスは、触って熱くないように取っ手が付いた特殊なもので、どちらも以下『ベルギービール大全』からどうぞ(右ページ)。

冬のビールはホットで!温めておいしいベルギービール2種

 すでにホットワインは体験済みだったので驚いたということはなかったけど、こちらはワインとは違い、発泡感があるから、飲み口、口中からノドを通り過ぎるまでの感覚が独特だった。「温かいのにソーダ感がある」これは飲食の体験としても希有なもので、不思議な味わいだった。

 先にそんなことに気を取られて、味わいのほうに意識が向かなかったが、2口目からは、その濃厚で複雑な味がたまらなくおいしかった。そして身体が芯から暖まるのがわかった。酔いからくる暑さではなく、物理的に温度から感じるもの。

 ヨーロッパではホットビールは定番でもあって、このサイトにもそんな話しと共に、作り方も書かれています。

●サッポロビール イエナカBERRスタイル
ビールを加熱するその非日常も楽しいホットビールの作り方

 以前この連載

デザートにビール!?食後におすすめの『アップルシナモン』『十六夜の月』(2016.09.30)

で紹介した、サンクトガーレンの「アップルシナモンエール」も、ホットで飲むこともオススメしている。やっぱり、リンゴ入りときた! そしてシナモンも投入!

●サンクトガーレン<ホットビール

 と、ホットホットと書き連ね、アタマもカラダも舌も熱さを欲してきただろう、というところで、今回の2銘柄を紹介しよう。

冬のビールはホットで!温めておいしいベルギービール2種

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。