人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.28

「世界で最もクリエイティブな都市は東京」アドビ調査

アドビシステムズは世界5か国におけるクリエイティビティに関する意識調査「state of Create:2016」の結果を発表。それによると、日本と東京が世界で最もクリエイティブな国と都市として認識されていることがわかった。その一方で、自らがクリエイティブでないと回答する割合が最も多かったのが日本で、世界が日本に対して抱くクリエイティビティに関する認識と、日本人が自らに対して抱くクリエイティビティに関する認識に大きな差があることも明らかになった。この調査は、米国、英国、ドイツ、フランス、日本の18歳以上の成人約5000人を対象としており、9月19日から10月3日の期間にオンラインで実施した。

state of Create:2016

■世界で最もクリエイティブな固と都市は日本と東京

調査対象国の中で最もクリエイティブな国は日本と認識されていること(回答者の34%)が判明した(第2位は米国の28%)。また、最もクリエイティブな都市は東京と認識されていること(回答者の26%)も判明(第2位はニューヨーク)。日本では自らをクリエイティブでないと考える人の割合が多い一方で、世界からはクリエイティブな固として認識されている。

state of Create:2016

■自らをクリエイティブでないと認識する人が多いのが日本

調査対象国の中で自らをクリエイティブであると認識しているのは回答者の41%だった。特に日本では自らをクリエイティブと考える回答者の害リ合が13%で、最も低い結果となった。さらに、自身が持つクリエイティピティを発揮できていると感じているのは回答者の31%で、国別でみると日本では20%のみだった。

state of Create:2016

■クリエイティピティへの投資が経済的な成功をもたらす

回答者の83%は、クリエイティビティに積極的に投資を行なう企業がイノベーションを生み出し、顧客満足をより向上させ(同80%)、競争力を持ち(同79%)、より優れた顧客体験を提供し(同78%)、経済的に成功を収めている(同73%)と認識していることが明らかになった。また、クリエイティビティに投資をすることで、従業員の生産性を向上させ(同78%)、従業員の幸福度を高める(同76%)と考えていることもわかった。

state of Create:2016

■職場におけるクリエイティピティと生産性

クリエイティブな考え方に対する要求が高まっているにもかかわらず、77%の人々は職場においてクリエイティビティよりも生産性を求められていると回答した。その一方で、回答者の56%が職場においてクリエイティブに考えることが求められていると回答しているが、日本での割合は31%で、他国と比較すると低い傾向にある。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。