人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.27

このクルマでなければ得られない楽しみ方が満載の新感覚SUV『レンジローバー イヴォーク コンバーチブル』

■連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマこのクルマでなければ得られない楽しみ方が満載の新感覚SUV『レンジローバー イヴォーク コンバーチブル』

 スタイリッシュなコンパクトSUVとして人気の『レンジローバー イヴォーク』に新たに加わったコンバーチブルモデルに試乗した。メカニズムは普通の『イヴォーク』と変わらず、キャンバス製の幌が電動で開閉することができる。定員が1人減って、4人乗りとなる。

このクルマでなければ得られない楽しみが満載の新感覚SUV『レンジローバー イヴォーク コンバーチブル』 このクルマでなければ得られない楽しみが満載の新感覚SUV『レンジローバー イヴォーク コンバーチブル』

このクルマでなければ得られない楽しみが満載の新感覚SUV『レンジローバー イヴォーク コンバーチブル』 このクルマでなければ得られない楽しみが満載の新感覚SUV『レンジローバー イヴォーク コンバーチブル』

■機械として優れているか? ★★★★(★5つが満点)

 SUVで屋根が開くと聞くと、何かキワモノ的なクルマを想像してしまうかもしれないけれども、SUVは屋根がないのが正統なのである。

このクルマでなければ得られない楽しみが満載の新感覚SUV『レンジローバー イヴォーク コンバーチブル』 このクルマでなければ得られない楽しみが満載の新感覚SUV『レンジローバー イヴォーク コンバーチブル』

『レンジローバー』の始祖であるランドローバーのタイプ1然り、ジープ然り。他にも、メルセデスベンツの『ゲレンデヴァーゲン』や三菱『パジェロ』やスズキ『ジムニー』まで、SUVにオープンはむしろ必須と呼んでもかまわない。よりダイレクトにフィールドに入り込むためのクルマである。

 とは言っても『イヴォーク』はヘビーデューティなSUVではない。都会からスタートしてフィールドに向かうSUVである。でも、空気の澄んだ早朝や夜間に幌を開けて街を走るのは気持ちいいものだ。

このクルマでなければ得られない楽しみが満載の新感覚SUV『レンジローバー イヴォーク コンバーチブル』

 そういう時に重要なのは、幌の開閉だ。走行中でも開閉できることと、できれば素早く開け閉めできたらいい。その点、『イヴォーク コンバーチブル』は満点である。時速46kmまでなら走っている最中でも開閉できるし、開閉時間を測定してみたら開けるのに16秒、閉じるのに18秒だった。このクルマよりも幌の小さな2シーターのスポーツカーでももっと時間がかかったり、走行中の開閉ができないものもあることを考えると立派なものである。

このクルマでなければ得られない楽しみが満載の新感覚SUV『レンジローバー イヴォーク コンバーチブル』

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ