人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.27

ここ数年、なぜ手帳に日記をつける人が増えているのか?

近年、手帳に日記をつけて、思い出を残す習慣のことを「ライフログ」と呼んでいる。ゼブラは手帳に日記をつける習慣がある100名に対し、「ライフログ」についてのアンケート調査を実施。もともと手帳は、スケジュール管理をするためのツールというイメージがあるが、なぜ日記を手帳につけるのか、その理由を探った。

「ライフログ」についてのアンケート調査

■ライフログ手帳とは?

ライフログとは人生の体験や出来事を記録しておくこと。ここ数年、手帳に日記をつける人が増え、1日1ページタイプの手帳など、たくさん書けるタイプの手帳や趣味別に作られた手帳が人気となっている。

「ライフログ」についてのアンケート調査

■ライフログ手帳は、その日の出来事や気持ちを残しておきたいから書く

ライフログ手帳に何を書いているのかを聞いたところ、「仕事」「趣味」「家族」のことを書いている人が多いようである「1日に1個よかったことを手帳に書くと前向きな気持ちになって、モチベーションアップにつながる」「つらいときに、自分が過去に落ち込み立ち直ったことを読み返して前向きな気持ちになる」「去年の誕生日プレゼントとかぶらないように」「子供の成長を記録して、あとから子供に読んでほしい」など、手書きでその日の細かい記録や感情を“残したい”気持ちがあることがわかった。

「ライフログ」についてのアンケート調査 「ライフログ」についてのアンケート調査

■目的によって筆記具も使い分けている!

毎日の思い出を書き記すライフログとスケジュール管理とで、筆記具を使い分けているのかを聞いたところ、60%以上の人が「使い分けている」と回答した。スケジュール管理をするときは変更が多く、消えるインクのボールペンが便利だが、ライフログでは自由な表現をするためにカラフルなインク色、たくさん書いても手が疲れない書きやすいインクのボールペンが望まれているようである。

「ライフログ」についてのアンケート調査 「ライフログ」についてのアンケート調査

■SNSでのシェアは少数派。文字やイラストをかわいく書けるかがカギ!?

書いた手帳をSNSでシェアしている人は、全体では約20%とまだまだ少数派だが、そのうちの半数が毎日欠かさずシェアしているようである。「ブログに掲載して、たくさんコメントをもらえた」「後輩も影響を受けてライフログ手帳をつけ始めた」と、実際に周りの人たちに影響を与えている。しかし、大部分の人は「かわいい文字やイラストがうまく書けない」という悩みを持っていることがわかった。他の人とシェアするには、仕上がりに自信があるかどうかがカギのようだ。

「ライフログ」についてのアンケート調査 「ライフログ」についてのアンケート調査

【調査概要】
調査対象:手帳に日記を書く習慣がある20~30代女性
調査人数:100名
調査方法:ウェブアンケート(選択式・自由回答)
調査実施日:2016年9月

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ