人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.24

MasterCard最上級の"ワールドエリート"が付帯!金属製の「ラグジュアリーカード」が登場

 2008年創業のアメリカのクレジットカード会社「ラグジュアリーカード」。富裕層をターゲットにした金属製の3種類のカードを発行しているが、2016111日より日本でも提供を開始した。これはアメリカに続いて2か国目。日本での展開は、「日本にはアメリカン・エクスプレス・カードやダイナースなどのステイタスカードが浸透しているので、受け入れられやすいだろう」という考えからだと言う。

 3種類のクレジットカードは、チタニウム、ブラック、ゴールドの3種類で、ゴールドが最上級カード。いずれも金属製で、ゴールドに至っては24金コーティングが施されている。それでいて通常のクレジットカード同様の厚みなので、端末の読み取りやATMの利用も問題ない。

DSC_3280

左がラグジュアリーカードで、右が通常のプラスチックカード。むしろラグジュアリーカードの方が薄く見える。エンボスがないので表面もスッキリ。

 

 魅力はMasterCard最上級の「ワールドエリート」が付帯しているところ。24時間365日対応のグローバル・コンシェルジュサービスを受けられたり、世界400都市、950か所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が付くなど、得られる特典は多岐に渡る。上位カードのブラックやゴールドになると、予約困難な名店やゴルフ場の予約、人気フィットネストレーナーの優先予約なども加わる。レストランの予約時にはリムジンで送迎してくれるサービスも用意(片道のみ、当初は23区のみ)。「ワールドエリート」のサービスを受けられるのは、日本でラグジュアリーカードのみなので、プレミアム感が高い。

 もちろん年会費もチタニウムが5万円、ブラックが10万円、ゴールドが20万円とプレミアムな設定だが、「ワールドエリート」のサービスをうまく使いこなせれば、年会費分以上の魅力が得られるカードでもある。グローバル・コンシェルジュサービスでは、国内外の出張時のホテルの予約やコンサートチケットの手配、友人の誕生日祝いのお花の送付などなど、何でも依頼できる。日々、忙しくて様々な手配が面倒だという人なら、最上級のコンシェルジュサービスを利用してみてはどうだろうか。

 なお最上位の『Mastercard Gold Card』は招待制だが、『Mastercard Titanium Card』や『Mastercard Black Card』は申し込みが可能。まずは『Mastercard Titanium Card』から始めてみたい。

 

044newcard2
【カード基本情報】
カード名:Mastercard Titanium Card
年会費:5万円
入会資格:非公開
家族カード:年会費15000
国際ブランド: MasterCard
発行:アプラス(新生銀行グループ)

 

044newcard3044newcard4
Mastercard Black Card』(左)は年会費10万円で家族カードが25000円、『Mastercard Gold Card』(右)は年会費20万円で家族カードが5万円になる。

 

■関連情報
http://www.luxurycard.co.jp/

 

文/綿谷禎子

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ