人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.23

使い勝手で選ぶならこのサイズ!日立のコンパクトロボットクリーナー『minimaru』

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆市場ニーズに応えたコンパクトな新製品

 日立アプライアンスが11月19日に発売するロボットクリーナー『minimaru(ミニマル)』(オープン価格:市場想定価格は税抜きで10万円前後)は本体幅25cm、高さ9.2cmととてもコンパクト。競合メーカーのロボットクリーナーでは本体幅30cm強サイズが多い中、「小さい」を最大の売りにしている。

イスの脚周りもソファの下もOK。「小さい」がウリの日立ロボットクリーナー

 ロボットクリーナーに対するユーザーの調査を行なったところ、購入後の不満として「部屋の隅の掃除」、「イスの脚周りなど狭い場所の掃除」「壁際の掃除」といった、狭い場所に対する不満が多く挙げられた。

 さらに、テーブルセットのイス脚の間隔を調べると、本体幅が30cm以下の場合だと9割がカバーでき、低い場所では本体の高さを10cm以下にすることで8割がカバーできるという結果が出た。こうした調査をもとに小型化を念頭に製品開発を進めた。しかし、本体が小さくなると広いエリアの掃除ができないではという不安があるため、きびきび賢く動く走行制御技術を採用。集塵性能、お手入れにもこだわった。

◆小さくするための工夫~高密度実装技術

 小さいボディの中に吸込口、ファンモーター、リチウムイオン電池、サイドブラシ、ダストケースといったロボットクリーナーに必要な部品を凝縮した。走行車輪、サスペンションは本体の中心に左右対照に配置。サイドブラシは本体の隅へ、吸込口は小さいボディの中でできるだけかきとり幅を広くしたいと本体の後方に配置。動力源のリチウムイオン電池はサイドブラシの間のスペースに収納。吸引力となるファンモーターは本体の中心に置き、重心バランスを考慮した。ダストケースは吸込口の真上に来るようにして、小さい中でできるだけ体積を多く取るように配慮している。

イスの脚周りもソファの下もOK。「小さい」がウリの日立ロボットクリーナー イスの脚周りもソファの下もOK。「小さい」がウリの日立ロボットクリーナー

 設計で一番苦労したのは走行車輪、サスペンションだったという。小さなモーターで大きな動力を出すには減速機構が必要で、車輪にギヤが組み込まれている。他社で多く採用されている、ギヤを横一列に並べた形だとユニットが長くなってしまうため、日立では車輪の中にギヤを配置するサイクロイドギヤ方式を採用。小型化しつつ高い減速比を得ることができ、車輪内部に収まる形なので小型化に大きく貢献できた。

イスの脚周りもソファの下もOK。「小さい」がウリの日立ロボットクリーナー

 最初の試作品では車輪が全く回らないという問題が発生したが、複雑な形状の部品のため寸法など解析を繰り返しようやく回せるようになったという。

 サスペンションは、段差を乗り越えるために車輪が上下に動くようになっているが、他社が採用しているのは回転式。支点と車輪の中心部に距離を置いて上下に動けるようにするというもので前後長が長くなってしまう。日立は自動車でも採用されているストラット式構造のサスペンションを採用。縦方向に回動することができるので前後長を短くできた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。