人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

筆ペンを使い慣れていない人でも「とめ」「はらい」が簡単にできるぺんてるの『筆タッチサインペン』

2016.11.22

■連載/文具ソムリエール菅 未里の「誘惑文具」

「筆ペンはなにがいいですか?」と聞かれることがたまにあります。ご祝儀袋や年賀状をお買い求めのお客様に多いですね。

 そんなとき私は、普段から筆ペンをお使いになっているか、伺うことにしています。というのも、筆や筆ペンを使い慣れていない方が急に筆ペンをお使いになっても、筆圧などが違いますから、上手く書けないことが多いからです。

 筆を使う習慣がないかたにお勧めするのが、ぺんてるの『筆タッチサインペン』です。

普段、筆ペンを使っていない人でも字が綺麗に書ける「筆タッチサインペン」

■「とめ」「はらい」で字が綺麗に見える

『筆タッチサインペン』のいいところは、字が綺麗に書ける点です。

年賀状やご祝儀袋に限らず、字は綺麗に書きたいものですよね。では、字が綺麗に見える条件とはなんでしょうか?

 全体のバランスなどいろいろあるとは思うのですが、日本語の場合、文字のバランス以外にも「とめ」「はね」「はらい」がきちんと出ていることが、字が綺麗に見える重要なポイントではないでしょうか。

普段、筆ペンを使っていない人でも字が綺麗に書ける「筆タッチサインペン」

 先端のローラーに筆圧をかけることで筆記する仕組みになっているボールペンは、ずっと筆圧をかけ続けるため、どうしても「とめ」「はらい」が単調になってしまいます。文字の線の幅は、ボールの直径でほぼ決まってしまいます。

いっぽうで、筆は筆圧を調整することで、「とめ」「はらい」など、いきいきとした筆跡を出しています(習字の授業を思い出してください)。筆ペンも同じ。

しかし、これがなかなか難しいんです。

今は、筆記具というとボールペンが一般的です。上でお伝えしたようにボールペンの筆圧は一定ですから、ボールペンに慣れると、筆に適した筆圧の調整ができないんですね。字のバランス(太さ・大きさの調整)がとりづらいんです。

そこで、『筆タッチサインペン』をお勧めするのです。これは、あくまで“筆タッチ”のサインペンなので、筆ではありません。でも、筆の、繊維や毛がまとまった「穂」に相当する部分がちょうどいい具合にしなってくれるので、筆を普段使いしていない人でも「とめ」「はらい」が綺麗に出るんですね。

普段、筆ペンを使っていない人でも字が綺麗に書ける「筆タッチサインペン」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。