人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.19

特定されたら罰金も?放置された犬のフンのDNAから飼い主を特定するサービス

■連載/ペットゥモロー通信

特定された飼い主には罰金も?

8-30

アメリカでは、犬1匹が1年間に出すフンの量はなんと125kgと言われています。そんなアメリカには、犬のフンを放置する飼い主をフンのDNA検査により見つけ出すサービスが存在します。

例えば、アパートやマンションの管理人が事前に住人の飼い犬のDNAサンプル提供を義務付け。フンを見つけ次第そのサービスを利用して、放置した飼い主と犬の身元を割り出す、という仕組みです。

元が判明した飼い主には、検査費を含むんだ罰金が科せられることになる場合も。罰金を払いたい人なんて誰もいないため、結果、犬のフンの落とし物は激減するそうです。

飼い犬のフンは飼い主が処理するのが当たり前ですし、このサービスを利用しなくてもフンがない街になるのがベスト。日本でも、飼い主が意識をしっかりと持ちましょうね。

文/大原絵理香ペットゥモロー編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。