人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.18

「草食的な性格を活かしたポジティブ変身法」を学ぶツアーの気になる中身

プロスは11月6日、日本一ネガティブな名称のツアー「草食系ツアー」を日帰りで開催した。当日は、内気・会話ベタで積極的になれずに悩む現代の草食系に向けて、草食系出身の講師が、独自のコミュニケーションのコツとノウハウによる「草食的性格を活かしたポジティブ変身法」を伝授。地域の活性化を目指すとともに、現代の少子化対策の1つになれば、という願いも込められての実施となった。

草食系ツアー

■草食系だからこそ成しえた2つの変身

同ツアーの講師を務めるのは、自身も草食系の出身者であるツアー主催会社の社長・土田衛。彼は幼少時から内気でおとなしく、引っ込み思案のまま学生時代を過ごし就職した。その後27歳で起業して興した仕事はブライダルコーディネートという、祝い事の打合せで同じ顧客に何度も何度も会う職種。各顧客と、年間に合計約200回にも及ぶ打合せにおいて“微塵も不快感を感じさせない話し方”を20年間続けた結果、「内気な草食系だからこそできる、上手に会話をする方法」という独自のノウハウを生み出した。内気で草食系という自分の弱みを逆手にとって会話時の手段として活用し、強みに変えたのだ。

彼は一方で創業時から、自分は経営者なのに内気でおとなし過ぎる…と自覚していた。そこで「仕事以外の人と関わる機会を増やして心を鍛錬し、自分を変えよう」と考え、嫌われる運命である地域自治会やPTA等の、様々な無償の奉仕・非営利活動に積極的に参加していった。多い時には同時に10の団体に加入し活動。以来、多くの人に接することを通じて、内気な自分の心の持ち方や内から変われる行動を検証し10年に渡って試行錯誤を続けた。そしてついに内気な草食系から、常に自信を持ち堂々とできる積極的な人間に変身した。

草食系ツアー

■草食系だからこそ、使命感とビジネスチャンスが生まれた

ツアー開催地の新潟は農耕・雪国圏のためか、そこに住む人は辛抱強く人柄はいいが、積極性に欠け内気な傾向…と言われる。要は“根はいい人だが会話のスキルを持たないためにその良さが理解されず、内気で消極的のまま埋もれる”のだ。講師の土田は、以前の自分が草食系だったためにこのことがよく理解できるので、「彼らに、会話上手で積極的な人に変われる方法を伝えたい。そうすれば地域はもっと活発になる」と次第に強く思うようになった。

一方で政府の2015年版少子化社会対策白書によれば、未婚で恋人のいない2~30歳代男女のうち34%は「自分に魅力がないのでは?」と不安に思っている。このような人達も会話上手になり自信を持てば、男女間の交流が活発になって少子化対策になる、とも考えている。こんな背景から、「草食系を強みに変える方法」と、嫌われがちな奉仕活動から見い出した「草食系でも自信が持てて積極的になれる方法」を伝えていくことを、同社ではビジネスチャンスと捉えて自社の事業の柱の1つに据えたのだ。

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。