人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.17

「マネジメント層はお酒を飲む機会が多い」は本当か?

国税庁が平成27年にまとめた「酒のしおり」によれば、平成25年度の成人1人あたりの酒類消費量は82.8Lで、ピーク時である平成4年度の101.8Lの約8割となっているという。とはいえ食欲の秋、食事と一緒にお酒を飲まれる方も多いのではないだろうか。情報サイト開発・運営のキャリアインデックスは、全国の1000人を対象に、飲酒と役職の関連を調査し、『CAREER INDEX年収・転職 実態調査vol.12』でその結果を発表した。

a0001_017519

 

その結果、経営者・役員クラス・管理職(以下、マネジメント層)の人は4人に1人(27.7%)が毎日飲酒をするとことがわかった。一般社員の場合は13.7%なので、ほぼ倍になる。逆に、まったくお酒を飲まない人はマネジメント層の10人に1人(11.6%)なのに対し、一般社員は5人に1人(21.2%)であった。マネジメント層は会食やお付き合いでお酒を飲む機会が多いのかもしれない。

飲酒と役職の関連を調査

また、よく飲むお酒を聞いたところ、マネジメント層はビール・発泡酒・第3のビール、日本酒、ウイスキーの飲む割合が一般社員よりも多いことがわかった。マネジメント層はビールで乾杯の後は日本酒やウイスキーを飲むケースが多いのではないだろうか。

飲酒と役職の関連を調査

【調査概要】
調査期間:2016年3月29日(火)~3月30日(水)
回答者:全国、20~59歳、男女、就業中、1000人
調査方法:インターネット(マクロミルで実施)

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。