人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.15

出産と育児が転換期?本音が見えるママたちの美活事情

1人の女性が一生に産む子供の平均数を示す合計特殊出生率。少子高齢化の問題が議論される中、厚生労働省が発表した2015年の合計特殊出生率は1.46で、これは1994年以降の最高値だった。

インターネット広告・メディア運営事業のインタースペースは、運営する日本最大級のママ向け情報サイト『ママスタジアム』にて、『ママリサ~いまどきママリサーチ~』の第7弾として、「ママのビューティー事情」について実態調査を行なった。

「ママのビューティー事情」について実態調査

■出産前後で「キレイでいたい!」という気持ちが高まったママは約4割、反対に低くなったママは約3割

「出産の前と後で“キレイでいたい!”と思う気持ちに変化はありましたか?」という質問に対して、「ある」と答えた人は7割以上。うち、「高まった」人は41.9%、「低くなった」人は29.4%。出産という体型や意識が変わる大きなきっかけを通じて、体型や意識をキープしたい/もっと向上させたいというママと、育児に忙しくて諦めてしまうママと分かれた。

「ママのビューティー事情」について実態調査

■出産後1年以内に4割以上のママが「体型」「体重」「骨盤」を元に戻す、を実践!

「出産後1年以内に実践している(していた)ことはありますか?」という質問の回答で4割以上の人が実践している(していた)ものは、「体型を元に戻す(50.3%)」「体重を減らす、やせる(46.9%)」「肌の保湿(43.5%)」「骨盤の開きを戻す(43.3%)」という回答が目立った。出産で変わってしまった体型・体重・骨盤を戻すことと、最低限のスキンケアである保湿は実践率が高い結果になった。

「ママのビューティー事情」について実態調査

■9割以上のママが「キレイなママ」と言われたい!誰に言われたいかは「子供」がダントツ!

「“キレイなママ”と言われたいですか?」という質問に対し、「とてもそう思う」は58.8%、「まあそう思う」は31.7%で、あわせると実に9割以上のママが「キレイなママ」と言われたいという意識を持っている。また、「誰のために“キレイなママ”でいたいですか?」という質問では、「子供」が80.9%で圧倒的に1位。ついで、「自分自身」67.8%、「パパ」58.7%と続き、家族や自分のためという考えが多数。一方で、「パパ以外の異性」というママが10.1%いることが判明した。

「ママのビューティー事情」について実態調査

「ママのビューティー事情」について実態調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ