人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.15

今年のホリデーシーズンのオンラインショッピング売上高は過去最高910億ドル超えに

Adobeは、ホリデーシーズンを前に「2016 Digital Insights Shopping Predictions」の調査結果を公開した。同社は幅広いデータの分析により消費者の支出を的確に予測しており、過去の実績では誤差2%以内という業界で最も正確な予測を実現。今年は消費者が例年より早くホリデーショッピングを開始し、より長い時間をショッピングに費やすと予想している。

今年のホリデーショッピング期間は、53日間(カレンダー上は合計57日間)と予測され、オンライン売上高が史上初めて10億ドルを超え、昨年の31日間の売上高に対して71%増加することが見込まれている。また、サイバーマンデー(感謝祭/11月第4木曜日明けの月曜日)には33.6億ドルの売上高(前年比9.4%増)と過去最高のオンライン売上を記録することも予想。この感謝祭の売上高は、前年比15.6%増の20億ドルに達する見込みだが、2015年の前年比25%増には及ばない。ただしブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日)の売上高は、前年比11.3%増(2015年は14.3%増)の30.5億ドルに達する見込みだ。

2016 Digital Insights Shopping Predictions

この例年より長い今年のホリデーシーズンにより、オンライン総売上高は、916億ドルと11%(91億ドル)の増加をもたらすことが予想される。この増加率の大部分は大手の小売業者によって占められ、平均伸び率は16.6%と、小規模な小売業者の7%よりも高くなる。平均的な小売業者については、消費者の5%がオンライン総売上高の35%(385億ドル)を占める一方で、総売上高の74%が全商品の在庫管理単位(SKU)の1%に集中することが推察される。

そして今年は初めて、オンラインショッピングのモバイル端末利用(53%)がデスクトップ利用(47%)を上回る見込み。ただし、モバイル端末利用による売上高が占める割合は34%と低く、モバイルサイト訪問と実際の購入には19%の差があり、モバイルでは満足のいくショッピング体験を提供されていない可能性がある。さらに、アドビの調査結果によると、北米のwebの総トラフィックの伸びは過去42か月間でわずか0.1%と、大きく停滞していることがわかった。

アドビのマーケティング兼カスタマーインサイト担当バイスプレジデントであるミッキー メリクル(Mickey Mericle)氏は、今回の調査結果について次のように述べている。
「オンラインショッピングは、11月初旬で5%の増加、12月後半の2週間で記録的な24%の増加が予想されます。例年よりも早く始まる商品選び、配送、商品プロモーションはすべて、長いショッピングシーズンに寄与するでしょう。ただし売上高が増加する一方で、今年のオンライン総売上高の伸びは低迷するというのが私たちの予測です」

■人気のギフト

価格を比較検討する消費者は、複数のオンライン小売業者が扱う同一商品を購入する場合、平均で20%節約できることが予想される。今年のホリデーシーズンで最も人気の高いギフト商品には、VRデバイス(Oculus、PlayStation VR、HTC Vive)、ポケモン、バービー、LEGO、Hot Wheels、『アナと雪の女王』のおもちゃのほか、Google HomeやAmazon Echoが挙げられる。アドビの補足調査によると、消費者は自分用のギフト商品に15%、他人へのギフト商品に66%、デコレーションとパーティーに19%を支出することがわかった。オンラインで購入する主な理由には依然として低価格と無料配送が挙げられているが、利便性を挙げる割合も増えている。

presents-1058800_960_720

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。