人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年間3億人が利用する「Booking.com」を急成長させた“進化する仕組み”とは

2016.11.14

なぜ、ブッキング・ドットコムは3億人が使う企業になったのか?

 全世界で年間3億人もの利用者を数える、ブッキング・ドットコム(Booking.com)。なぜ、このように多くの人が利用する宿泊予約サイトへと急成長したのか?その秘密を、オランダ・アムステルダムにある本社で探った。

■オランダで生まれ、米国の資本で世界企業へと成長

 ブッキング・ドットコムが誕生したのは1996年のこと。オランダにあるトゥウェンテ大学の情報工学部を卒業したてのギルト=ジャン・ブルインズマ氏が、前身となる「ブッキング・ドットエヌエル(Booking.nl)」を開設したのが、その始まりだ。

なぜ、ブッキング・ドットコムは3億人が使う企業になったのか?

 現CEO(最高経営責任者)のギリアン・タンズ氏は2002年から、当時数名の社員しかいなかったブッキング・ドットコムで働きだしたという古参であり、今や世界で1万3000人のスタッフをもつ巨大企業を牽引するトップ経営者だ。

なぜ、ブッキング・ドットコムは3億人が使う企業になったのか?

 ブッキング・ドットコムがここまで成長した理由として、タンズCEOは2つの理由を挙げる。

 ひとつは、オランダが本社の企業であること。もうひとつは、米国のプライスライン・グループという、世界2大OTA(Online Travel Agent=ネット上だけで取引する旅行会社)の傘下に入ったことだという。

 オランダはヨーロッパ中部に位置する狭小国で、経済活動を維持するためにはグローバルな経営が不可欠だ。当然、旅行業界も同じで、事業の拡大のためグローバルな出資先を必要としていた。しかし、2002年ごろはまだまだインターネット黎明期。宿泊施設予約サイトへの関心は少なく、投資を受ける機会も限られていた。そこで、ヨーロッパ市場進出を目指していたプライスライン・グループと協議、2005年に買収される道を選んだという。

 グローバルな経営思想と米国の巨大資本がつながり、そして時代の波にも乗った。今ではブッキング・ドットコムはプライスライン・グループ全体の収益のうち9割近くを稼ぎ出し、従業員数は2013年に4000人、2016人は1万3000人を数える巨大企業へと、めざましい発展を遂げたのだ。

なぜ、ブッキング・ドットコムは3億人が使う企業になったのか?

 ブッキング・ドットコムの創業者はExcelシートで事業ができると考えるタイプであったのに対して、タンズCEOは接客業に従事した経験から、「宿泊施設は顧客と接している」と考え、宿泊予約サイトも顧客第一主義を目指した。

なぜ、ブッキング・ドットコムは3億人が使う企業になったのか?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。