人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.10

男女別、年代別でみる「肌の悩み」1位は?

厚生労働省の「医師・歯科医師・薬剤師調査」(2014)によれば、全国の美容外科医師数は1039人。都道府県別では東京都の384人が最多となる。美容外科『東京イセアクリニック』(医療法人社団十二会)では、2016年3月1日~8月31日(6か月間)に美容クリニックへ来院し、アンケートに協力してもらった10~50代・初診患者918名を対象に、「年代別・男女別『肌の悩み』のアンケート調査」を実施した。調査の結果、年代別・男女別「肌の悩み」は次の通りとなった。

00_pp31_pp_tp_v

 

●【女性】
・10代:1位 にきび・跡(52.6%)2位 毛穴(36.8%)
・20代:1位 毛穴(44.2%)2位 にきび・跡(43.1%)
・30代:1位 シミ(52.5%)2位 たるみ(39.4%)
・40代:1位 たるみ(67.1%)2位 しわ(52.0%)
・50代以上:1位 たるみ(52.7%)2位 シミ(49.1%)

●【男性】
・10代:1位 にきび・跡/毛穴(ともに50.0%)
・20代:1位 にきび・跡(47.9%)2位 毛穴(35.7%)
・30代:1位 毛穴(33.3%)2位 クマ(30.4%)
・40代:1位 シミ(58.0%)2位 クマ(30.6%)
・50代以上:1位 クマ(56.2%)2位 シミ(50.0%)

年代別・男女別『肌の悩み』のアンケート調査

■女性の肌の悩みは、20代は「ニキビ(跡)や毛穴」、30代は「シミ・しわ」、40代以降は「たるみ」と移行

10代・20代は男女ともに、「にきび・跡」「毛穴」など「肌トラブル」を気にする傾向にある。女性は20代から「シミ」が気になり始め、30代からは「たるみ」が急激に増えるなど、「肌老化」の悩みが顕著に増加する。また、女性は40代になると「しわ」から「たるみ」へと悩みが変化していく。

■男性の肌の悩みでは、クマに悩む人が多数

女性より男性のほうが、10代から「クマ」に悩まされていることが判明。とくに、男性の20代、30代の3割以上が「クマ」に悩んでいる。10代でも3割以上が「シミ」を気にしている。最近耳にする“ジェンダーレス男子”など、10代男性の美意識の高さがうかがえる。また、男性は40代から急激に「シミ」の悩みが増加。男性40代の約6割が「シミ」に悩んでいる。

【調査概要】
調査目的:年代別・男女別に、肌に関する悩みを明らかにすること
調査対象:イセアクリニックへ来院し、アンケートに協力してくれた10代~50代の男女
調査方法:来院時のアンケート回答協力
調査期間:2016年3月1日~8月31日の6か月間
サンプル:10代~50代の918名の男女(アンケート協力者のみ)
調査機関:美容外科『東京イセアクリニック』

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。