人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SNSのヘビーユーザーにとって、ベストなスマホの料金プランはどれか?

2016.11.10

■TONEモバイル

TONEモバイルはCCC(ツタヤの運営会社)と通信会社Freebitの合弁会社であり「TONE」という独自のスマホ(基本はAndroid)とそのモバイル通信サービスをセットで提供している。その特徴は通信料金がリーズナブルであること。月額1080円(税込み)で利用することができる。

この回線は通信速度が最大で500~600Kbpsに制限されており、TONEの通常通信なのだが、この程度の通信速度が出れば、メールやSNSなど、普通のユーザーが日常的に使う機能はわりと普通に使えてしまう。ちなみに通話はデフォルトで050のIP電話を使う。このIP電話はTONE同士なら無料で通話できる。

端末はAndroidベースで、普通のAndroidホーム画面に加え、ビギナーにも使いやすい独自ユーザーインターフェースを搭載している。また、親子でスマホを使いやすい機能を搭載していて、子供の端末の機能を制限したり、GPSで位置情報を知ったり、子供の端末にメッセージを送れる機能などを搭載している。

ただし、その端末はフル機能を使いたければ独自端末『TONEm15』を使うしかない。この端末は2万9800円で性能を考えればコスパは悪くないのだが、選択肢がないのは人によっては気がかりかも知れない。

現在のTONEのメイン機種「TONE m15」。独自のホーム画面も使うことができる。
現在のTONEのメイン機種『TONE m15』。独自のホーム画面も使うことができる。

■あなたに向いたサービスは?

SNSをコスパよく使うということを考えると、どのサービスもある程度、無制限にSNSを使えるし、コスパも近いものがあるので、何を選択するか?というのは、どんな端末を使いたいか?など、あなたの目的、環境の問題になるだろう。

SIMフリースマホなどLINEモバイルのSIMに対応した端末を持っているのであればLINEモバイルがお勧めということになりそう。「LINEフリープラン」か「コミュニケーションフリープラン」かは自分の使い方で選択すればいいだろう。

端末込みで購入する場合、細かいことを考えずにシンプルに使いたいとか、家族で使いたい場合はTONEがいいだろう。何しろ、通信契約プランが1つしかなくてシンプルだし、端末もTONEしかないので、端末選びの手間もない。そして、ファミリー向けの機能がいろいろ搭載されている。

また、端末込みで自分好みの端末を選びたい人にはUQモバイルのぴったりプランがお勧めだ。

■関連情報
LINEモバイル https://mobile.line.me/
UQモバイル http://www.uqwimax.jp/lp/uqm/01/
ぴったりプラン端末別料金プラン一覧 http://www.uqwimax.jp/shop_m/online_pricelist1/
TONEモバイル http://tone.ne.jp/
「TONE m15」情報ページ http://tone.ne.jp/product/

文/一条真人

ITジャーナリスト。雑誌「ハッカー」編集長、「PCプラスONE」編集長などを経て現在にいたる。著書50冊以上で、近著は「はじめてのChromeBook」(インプレスR&D)。IchijoMasahto。本名:OSAMU SAKATA。

■連載/一条真人の検証日記

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。