人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電子書籍でみんなが読んでいるジャンルTOP3は「マンガ・コミック」「小説」「趣味・生活関連の実用書」

2016.11.06

■購入した電子書籍数と、有料の電子書籍の利用意向

直近1年間に電子書籍を購入した人は2割強。「1~2冊」「10冊以上」が7~8%であった。購入者は、男性20~40代や女性20代で3割となった。電子書籍を読む頻度が週2~3回以上の層では、「10冊以上」が3~4割であった。

「電子書籍」に関するインターネット調査

また、有料の電子書籍利用意向は2割弱で、2014年より増加。利用意向は、男性20代・30代や女性20代で3割弱となっている。電子書籍の利用頻度が高い層(「週1回以上」「月に1冊以上」)では6~7割、電子書籍を読まない層では約5%。紙の書籍購入者では2~3割、非購入者では約7%となった。

「電子書籍」に関するインターネット調査

最後に、電子書籍の利用意向に関する回答者の声を紹介する(全5896件より一部抜粋)。
『利用したい』
・暇つぶしの時は無料を選択します。実用とか役立つものに関しては料金を支払います。(女性36歳)
・本を買ってしまうと物が増えるので、一度読めばいいものは積極的に電子書籍を利用したい。(女性49歳)
・紙の本はやはり重いし、かさばるし、お出掛けの際は便利ですね。ただ時間を持て余すようなお出掛けをしないので今のところあまり利用することもない、というのが現状です。本は好きなので読みたい気持ちはあるのですが。(女性55歳)

『利用したいと思わない』
・やはり紙のほうが、記憶として残るし、災害などにあって電力がない時にも役に立つ。(女性34歳)
・読む面の面積と表示される文字数のバランスが悪い。(男性55歳)
・あまり利用したくない派です。やはり紙の質感や手触り、紙の香りはとても大事だし、装丁や背表紙などの装飾や施された字体など、書棚に並べた時の存在感は電子書籍では味わえないものだからです。(女性49歳)

『どちらともいえない』
・タブレット端末で電子書籍を読むには重い、スマホでは文字が小さすぎる、電池が消耗する。(女性58歳)
・夜、子供を寝かしつけた後ベッドでゴロゴロしながら読むのはケータイが良い。日中は育児をしながらケータイを触りたくないので紙がよい。(女性32歳)

文/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。