人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.06

電子書籍でみんなが読んでいるジャンルTOP3は「マンガ・コミック」「小説」「趣味・生活関連の実用書」

コンテンツの増加やスマホ、タブレット、電子書籍リーダーの普及により、電子書籍のユーザーが増えている。果たして、その実態はどうなっているのであろうか。マイボイスコムは、5回目となる「電子書籍」に関するインターネット調査を8月1日~8月5日に実施し、1万742件の回答を集めた。

「電子書籍」に関するインターネット調査

■電子書籍の利用状況

電子書籍(マンガ・写真集含む)の利用者は3割弱で、過去調査より増加。「有料で利用することが多い」が7.8%であった。また、「無料で利用することが多い」は14.7%で、10代で5割、20代で2割強となっている。紙の書籍を購入する人の方が、電子書籍利用率も高い傾向にあることもわかった。

「電子書籍」に関するインターネット調査

■電子書籍を読む頻度

直近1年間に電子書籍を読んだ人は3割弱で、20代・30代で4~5割となっている。週1回以上読む人は1割強、男性の20代・30代や女性の20代では2割を超えている。

■直近1年間に読んだ電子書籍のジャンル

直近1年間の電子書籍利用者に、読むジャンルを聞いたところ、上位3位は「マンガ・コミック」(47.0%)、「小説」(35.2%)、「趣味・生活関連の実用書」(25.8%)となった。50代以上では「小説」が1位で、「趣味・生活関連の実用書」の比率も高くなっている。「マンガ・コミック」は、男性20代・30代や女性20~40代では6~7割みられる。

■電子書籍を読む端末

直近1年間の電子書籍利用者のうち、「スマートフォン」で読む人は43.0%、「タブレット端末」「ノートパソコン」「デスクトップパソコン」は2~3割、「電子書籍専用端末」は1割強となった。「スマートフォン」は女性若年層、「タブレット端末」は男性で比率が高い傾向にある。電子書籍を読む頻度が高い層では、「電子書籍専用端末」の比率が高くなっている。

■電子書籍の利用パターン

直近1年間の電子書籍利用者に、電子書籍をどのように利用しているかを聞いたところ、「無料で一部分だけを読む」「書籍・マンガや雑誌を有料で購入」「無料で一冊全部を読む」が4割前後となった。「書籍・マンガや雑誌を有料で購入」は男性30代で5割弱と高くなっている。「無料で一部分だけを読む」「無料で一冊全部を読む」は、女性が男性を約10~15ポイント上回った。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ