人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.06

ピコ太郎も登場!「MTV VMAJ 2016」を盛り上げたVRライブの可能性

「MTV」ってコトバを聞いて、最新のミュージックビデオのノリをちょっと体感してみたいなぁと思っていた。ライブのホストがRIP SLYMEだって知って、ますます見たくなった。それは何かというと、ミュージックビデオを讃える音楽アワード「MTV VMAJ 2016 –THE PARTY!!-」だ。

 10月26日に開催されたこのビッグパーティだけれど、残念なことに会場へ行くことはできなかった。でも、今は会場に行けないからといって諦める時代ではないのだ。自宅にいても“パリピ”(パーリーピーポー)になれちゃうってワケ。

 そんな夢を現実にしてくれるのが、最新のVR技術なのだ。「MTV VMAJ 2016」会場に360°カメラを設置し、そこから日本中へ配信されるという仕組み。配信先はというと、日本全国の『Galaxy Gear VR』ユーザーだ。

 この『Galaxy Gear VR』は『Galaxy S7 edge』など、対応スマートフォンをヘッドセットに装着するだけで、VRを体感できるというもの。11月10日発売の最新モデルを、みなさん失礼、先取りで試させてもらった。

最先端のライブはVRでアーティストやピコ太郎と一緒に盛り上がる

 ということで、細かい説明は抜きにして、実際に“パリピ”になってみよう。『Galaxy Gear VR』を装着すると、いきなり周囲はライブ会場まんま。笑。冗談じゃなく。

最先端のライブはVRでアーティストやピコ太郎と一緒に盛り上がる

 360°というと、水平方向でのどかなパノラマ的なイメージをするかもしれないけれど、上を向けば天井が、下を向けば床も、ぜ〜んぶが見える、生々しい映像なのだ。だから、自分の周りがすべて、会場になったような錯覚に陥ってしまい、意味なくきょろきょろ辺りを見回してしまう。一時3Dテレビが流行ったけれど、あれよりもずっと立体感があるのが不思議。あくまで、個人的感想だけれども。

 それから普通、テレビや動画を平面のモニターで見ると、アングルって1方向しかないものだけれど、この『Galaxy Gear VR』なら、オーディエンスでは通常見られない、会場を見渡すステージ上からの視線も楽しめるのだ! これは、本当に、アーティストでしか味わえない不思議な感覚。ステージを見つめるオーディエンスの視線を感じて、なぜかちょっと緊張してしまう…それくらい、ライブ感はすごい。しかも、生配信の、まさに“ライブ”な出来事なんだから、これで、盛り上がらないワケがないでしょ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。