人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

“スマホでいい音”って何?人気DJが教えてくれるisaiの魅力【PR】

2016.11.07PR

■04 au「isai Beat」が造りだした“いい音”の基準とは?

 では、auから登場した「isai Beat」が生み出すサウンドの秘密とは何だろうか? 同機はノイズをシングルDACの約50%に削減する「32ビットQuad DAC」を搭載し、クリアなサウンドを造りだしているという。また、「B&O PLAY」がチューニングした音とはどういうものなのか? 一般的なスマホと聴き比べてもらい、「isai Beat」が造る“いい音”の秘密を探ってみた。

“スマホでいい音”って何?人気DJが教えてくれるisaiの魅力

 聴いていただいたのは、女性ボーカルが歌う最新のJ-POP、海外アーティストによるPOP、ボサノバ、ピアノクラシック。音源はハイレゾクオリティで「isai Beat」、一般的なスマホそれぞれに楽曲をダウンロードして、「isai Beat」はB&Oの専用イヤホン、一般的なスマホは付属のイヤホンで試聴いただいた。

TARO:J-POPの聴きやすさでいったら、一般的なスマホかもしれません。聴きやすいというのは“万人ウケ”するということです。正直すべてがフラット。高音から低音、解像度などを含めて、バランスはいいけれど没個性。ただ、J-POPは音数を詰め込んだ曲が多く、聴きにくいことがあるので、フラットな方が当たり障りがなく聴けるんでしょう。解像度は低めなので、J-POPだとある意味“ボヤッとさせる”ことができて、それで聴きやすくしているのかもしれませんね。

 一方、「isai Beat」はクラシックやジャズ、そしていい環境で録音された、ハイクオリティなサウンドを聴くと、音の良さを巧く引き出してくれている感じがします。ダイナミックレンジ感などは抑えられているので、低音はやや弱め。J-POPなどを聴く場合はあえて「32ビットQuad DAC」をオフにするのも手かもしれませんね。ただし、ボーカルなどの音の粒はクリアです。なので、ボーカルリスニングにはいいと思います。

 ちなみにクラシック、ボサノバなどの生音に近い楽曲では「isai Beat」の勝ちですね。

●音質チェック・一般的なスマホ+ノーマルイヤホン
高音 3
中音 3.5
低音 3.5
解像 3.5
音場 3
定位 3

●音質チェック・isai Beat +B&Oイヤホン
高音 4
中音 4.5
低音 3
解像 4
音場 4
定位 3.5

“スマホでいい音”って何?人気DJが教えてくれるisaiの魅力
「isai Beat」は音量を75段階ときめ細かく操作でき、また、左右のゲイン調整(バランス調整)ができるのも特徴

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。