人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.02

体内時計のズレによって生じる「朝食時差ボケ」とは

 みなさんは、身体を目覚めさせる栄養バランスのとれた朝食をきちんと摂取できているだろうか? 株式会社シタシオンジャパンが一昨年、朝食の実態を探るべく、「朝食に関する調査」を実施したところ、およそ7割の人に「朝食時差ボケ」の恐れがあることがわかった。

4人に3人が「朝食は重要」と認識

  この調査では、朝食に対する重視度について尋ねたところ、74.4%と4人に3人が「とても重要」「まあまあ重要」と回答。また、平日の朝食摂取状況については、およそ7割(70.6%)の人が「ほぼ毎日食べている」と答えている。「週45回程度食べている」(8.4%)という人も合わせると、8割程度の人が概ね朝食を食べている結果となった。ただし、性年代別に見ると、男女ともに若年層で平日朝食の摂取率は低く、特に男性2030代および女性20代では「ほぼ毎日食べている」という人は6割程度にとどまっている。

昼・夜に比べ、軽視される朝食

 平日の理想の過ごし方について聞いたところ、「朝からリズムよく過ごしたい」という人が93.7%と、ほとんどの人が一日の始まりとして朝を大切に捉えていることが分かる。しかし、朝食を食べる時間を確保している人は、74.1%と全体的に少なく(特に男性3040代、女性2030代)、また一日を通した食事摂取の割合を見ると、昼食や夕食を「ほぼ毎日食べる」という人はそれぞれ昼食83.8%、夕食92.3%と朝食よりも多く、昼食や夕食と比べるとまだまだ朝食は軽視されているといえるだろう。

朝食に関する調査

 そこで「どんなものを食べた時にあなたは『朝食を食べた』と思うか」と尋ねたところ、「ご飯・おにぎりのみ」(81.7%)や「トーストのみ」(75.3%)といった主食のみの内容でも朝食とみなしている人が多いことがわかった。これを性年代別に、ご飯やパンのみの食事に絞って見てみると、男性は30代、女性は20代で朝食とみなしている人が多い。 そのほか、「サラダのみ」(25.3%)、「果物のみ」(24.3%)、「スープのみ」(22.2%)などの回答も見られ、「とりあえず何かしら口にすれば大丈夫」という認識の人もいるということがわかった。

4割の人が「朝食を摂りたくない時がある」と回答

 「朝食を食べない」という人は全体の1割程度(10.3%)だが、「朝食を摂りたくないと感じることがある」という人は4割を超え(42.9%)、またその半数程度(20.8%)が朝食を摂りたくないと感じる頻度として「週に一回程度以上」と回答している。そこで朝食を食べないと回答した人に、朝食を摂らない理由を聞いたところ、「食欲がないから」という人が49.5%と最も多く、次いで「時間がないから」が45.9%という結果となった。「食欲がないために朝食を食べない」という人のライフスタイルを聞いたところ、睡眠時間については他の人と大きな差が見られなかったが、夕食を摂る時間が遅い傾向があるようだ。

 もうひとつの朝食を食べない大きな理由である「時間がない」について、実際にどれぐらい「時間がない」のかを調べた。すると専業主婦などで「家を出ない」という人を除いて、平日の朝起きてから家を出るまでの時間は、「起きてから1時間以内」と回答した人が全体の47.4%で、フルタイムで働く人の半数以上(55.2%)という結果に。

朝食に関する調査

 また、平日に朝食を作るのにかける時間については、およそ6割(58.2%)の人が「10分未満」と回答。朝食において意識していることも、「朝食の準備・片付けに手間がかからないこと」が69.2%と最も高く、「朝食が一日の活力になること」64.6%、「栄養バランスが整った健康的な朝食メニュー」50.6%を上回る結果となっている。朝食を作るのにしっかり時間をかけて準備することは難しい状況であることもわかった。 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。