人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.10.31

アムステルダムのBooking.com本社にみる理想のワークスタイル

 ロシアを除けば、ほぼヨーロッパの中央に位置するオランダ王国。首都アムステルダムは、大西洋へとつながる北海に面し、ロンドン、フランクフルト、パリにも近いと、立地に恵まれている。

 しかし、面積は日本の九州ほどの4万1864平方キロメートルで、人口は1700万人強と、東京都と千葉県を合わせた人口よりも少ない、小国。そのため、古くから国外、海外貿易が盛んで、グローバルな視線から物事を捉えている人が多い。公用語はオランダ語だが、ほとんどの人が英語をしゃべれることも、その証だろう。

 そのオランダ、アムステルダムに本社を持つ、グローバルカンパニー「Booking.com(ブッキング・ドットコム)」へ訪れる機会を得た。世界最大の宿泊予約サイトであり、常に100以上の国出身のスタッフが従事する、ワールドワイドな会社のアムステルダム本社を、ちょっとのぞいてみよう。

自転車通勤、空を眺めてボートで遊覧…これは夢!?オランダのワーキングスタイル
オランダを代表する画家、レンブラントの生誕400年を記念して造られた「レンブラント広場」の奥に、ブッキング・ドットコムの本社が建つ。銅像はレンブラントの代表作「夜警」を実物大で表現

■自転車と運河の街に似合う、クラシックでいて現代的な会社

 17世紀の歴史的な街並みを今に残し、運河や広場に囲まれたアムステルダム。

自転車通勤、空を眺めてボートで遊覧…これは夢!?オランダのワーキングスタイル
市内を巡る運河。点在する“ハウスボート”は、元々、土地の少ないアムステルダムの住宅不足を解消するために作られた。価格の相場は5000万〜1億円超までと、案外高い。修繕費などもかかるので、実はリッチピープルが住んでいることが多いという

 そもそもオランダは、海岸沿いの湿地、泥炭地などを埋め立てることで土地を広げてきた。そして、17世紀以降には、風車や排水路、水門で海や湖を干拓することとなった。オランダ名物の風車は、土地の歴史そのものといえる。

 干拓地の周囲には強固な堤防が築かれたが、その堤防維持は、生活と土地を守るために大変重要なものだったという。その維持作業には干拓地住民の協力が欠かせないため、オランダには階層を超えて協力し合い、話し合う文化が根付いている。この考え方は現在もなお、ワークシェアリングや労使関係に始まり、政治・経済全体まで、大きな影響を及ぼしているのだ。

 また、干拓地の平坦な土地は、自転車に最適であり、オランダには人口よりも多い自転車があるといわれている。そして、アムステルダムには路面電車“トラム”が巡り、地域内移動の主役になっている。

自転車通勤、空を眺めてボートで遊覧…これは夢!?オランダのワーキングスタイル
アムステルダム市内の交通は、歩行者、自転車、トラムが主役

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。