人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.10.29

3キャリアの新大容量プランは本当に得なのか?

三大キャリアの新大容量プランは本当にお得なのか?

■月額8000円で20GBも使えるのが、大容量プラン

 月末になると、怯えてきた通信速度制限。そのたびに、「データ容量に余裕があればなあ……」と思っていた人も多いだろう。

 データ通信の容量に注目が集まる今、三大キャリアから新大容量プランが続々と登場している。この大容量プランがどれだけお得なのか? 料金を各社で比較してみよう。

 ドコモが用意する、データ容量20GBの「ウルトラデータLパック」は、「データMパック」の月額5000円に、1000円を追加するだけで20GBが利用できるサービスだ。

ウルトラデータLパック

1000円で15GBも追加できるのだから、これはお得だ……と思える。改めて料金を整理すると……

「カケホーダイライトプラン」(月額1700円・2年契約時)
 +
「ウルトラデータLパック」(20GB・月額6000円)
 +
「SPモード」(月額300円)

の合計月額8000円から利用できるのが、ドコモの大容量プランだ。さらに、30GB利用できる「ウルトラデータLLパック」は月額8000円なので、合計1万円で30GBが利用できることになる。

 auの大容量プランは「スーパーデジラ」という名で呼ばれる。

データ定額20

その料金はというと、

スーパーカケホ「電話カケ放題プランS」(月額1700円・2年契約時)
 +
スーパーデジラ「データ定額20」(20GB・月額6000円)
 +
「LTE NET」(月額300円)

の合計月額8000円となる。

 ちなみに、30GBの「データ定額 30」では、合計月額が1万円と、ドコモとまったく同じ料金体系だ。

 ソフトバンクの大容量プランは「ギガモンスター」という名で呼ばれる。

ギガモンスター「データ定額20GB」

 その料金はというと、

「スマ放題ライト」(月額1700円・2年契約時)
 +
ギガモンスター「データ定額20GB」(20GB・月額6000円)
 +
ウェブ使用料(月額300円)

と、これまた、ドコモ、auと同じく合計月額8000円となる。

 つまり、ドコモ、au、ソフトバンクの各社共に、20GBで8000円、30GBで1万円が基本になるわけだ。

bnr_430_60

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。