人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.11.02PR

“1GB=100円時代”到来を告げる次世代大容量プラン「U-mobile MAX 25GB」を検証!【PR】

“1GB=100円時代”到来を告げる次世代大容量プラン「U-mobile MAX 25GB」を検証!【PR】

■大手キャリアのスマホの大容量プランって、ホントにお得?

『iPhone 7』の登場にあわせて、大手キャリアから続々と発表された大容量プラン。“1か月20GB”は実質、使い放題と言ってもいい容量だけれど、本当にお得なのだろうか? まずは、各社の大容量プランを、ざっとおさらいしてみよう。

 ドコモは「ウルトラパック」、auは「スーパーデジラ」、ソフトバンクは「ギガモンスター」の名前で大容量プランを発表してきた。

 回線の繋がり具合は、各キャリアの周波数帯、通信方式の違いはあれど、まあ、みなさんのイメージと大きくずれてはいないだろう。

 月額料金はというと、通話定額のライトプラン(2年契約)が1700円、ウェブ使用料が300円、データプランが6000円(20GB)と、各社横並び。トータルで月額8000円の支払いが基本となっている。

 ちなみに、ドコモでは家族向けのプラン「ウルトラシェアパック 50/100」を出しているが、個人ユースならあまり関係ないだろう。

 今まで月末の通信制限にイライラさせられてきたユーザーなら、「月に8000円の支払いで、実質使い放題になるなら十分だ」と思う人がいるかもしれない。でも、本当にそれでいいのだろうか?

 まず1番最初に知っておきたいのは、大手キャリアの大容量プランは、テザリングが別料金になること。テザリングの利用料として、月額1000円がプラスされることは、案外知られていない。

 もちろん、各キャリアも配慮してか、au&ソフトバンクは2017年4月まで、ドコモは2018年3月まで無料キャンペーンを行なうという。しかし、いずれは別途、支払わなければならなくなるのだ。これはテザリングでタブレットやPCを使いたいという人は見逃してはならない留意点だろう。

 次に知っておきたいのは、MVNO(格安スマホ)からも、大容量プランが登場しているということ。こちらも比較しておかないと、後悔先に立たずとなりかねない。

“1GB=100円時代”到来を告げる次世代大容量プラン「U-mobile MAX 25GB」を検証!【PR】

btn_umobile

banner_umobile_600

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ