人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.10.28

コーヒーの真髄が味わえるアジア最大のスペシャルティコーヒーイベント「SCAJ2016」

 イケてる大人は一日の中で、一杯のコーヒーをじっくり楽しむ時間を持っているものである。そしてモテる男は、自分好みのテイストのコーヒー豆の産地を知っているものである。つまり大人の男なら、コーヒーに精通していなければならないのである!

 そこで、アジア最大のスペシャルティコーヒーイベント「SCAJ」を紹介したいと思う。一日で世界中のコーヒーを味わうことができ、さらにコーヒー自体だけでなく、コーヒーにまつわる様々なアイテムに触れることもできるスペシャルなイベントだ。先日開催されたSCAJ2016のレポートをお届けするので、ご覧頂きたい。

アジア最大のスペシャルティコーヒーイベント「SCAJ2016」でコーヒーの真髄を味わう

■世界中のスペシャルティコーヒーが味わえる

アジア最大のスペシャルティコーヒーイベント「SCAJ2016」でコーヒーの真髄を味わう

 各国のコーヒー豆生産者や、スペシャルティコーヒーを扱うカフェなどが多数出展。筆者が気になったところをいくつかピックアップして紹介したい。

◯Cafés Especiales de panama

アジア最大のスペシャルティコーヒーイベント「SCAJ2016」でコーヒーの真髄を味わう

 知る人ぞ知る高級コーヒー豆「ゲイシャ」が飲み放題。普通にお店で注文するとなかなかのお値段で、筆者は今まで手が出なかったため真っ先に突撃。パナマ国内のコーヒー豆品評会で何年も続けてブッチギリの1位を獲得し続けたがゆえに、品評会への出品自体が出来なくなったという伝説の豆を堪能した。

◯株式会社 丸山珈琲×Japan Roaster’s Network

アジア最大のスペシャルティコーヒーイベント「SCAJ2016」でコーヒーの真髄を味わう

 サイフォンコーヒーの世界大会第2位という輝かしい経歴を持つバリスタ中山吉伸が、目の前でコーヒーを淹れてくれる。サイフォンというと昔ながらの純喫茶的なイメージが強かったが、最近はライトアップなんかされちゃって、やたらとオシャレである。まるでイルミネーション。

◯COFFEE BOARD OF INDIA

アジア最大のスペシャルティコーヒーイベント「SCAJ2016」でコーヒーの真髄を味わう

 インドは紅茶のイメージが強いが、実はコーヒーの栽培も盛ん。アジア原産のコーヒーが美味しいと、同じアジア人としてうれしい。他にもベトナムやインドネシアからの出展があった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。