人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.10.31

ワインはなぜか四国で不人気?地域別にみるよく飲むお酒の種類

いよいよ来月、11月17日午前0時に迫ってきたボージョレヌーボーの解禁日。初夏は低温でブドウの生育に影響が出たが、その後は持ち直したという。そんな解禁日を前に、バザールが運営するワイン情報サイト「WineBazaar」は、お酒を月に1回程度以上飲む20~69歳の男女4057人を対象に「飲むお酒の種類」に関する調査を実施。WineBazaarにて調査レポートを公開した。

「飲むお酒の種類」に関する調査

■日本人が飲むお酒は「ビール」(78.6%)、「サワー/チューハイ」(47.0%)、「ワイン」(43.7%)

先日公開の調査で、お酒を「月に1回程度」以上の頻度で飲む回答者に絞り、「どんなお酒を飲むか」と複数回答形式で尋ねた。その結果、最も多かったのが「ビール」で78.6%。次いで、「サワー/チューハイ」(47.0%)、「ワイン」(43.7%)「焼酎」(38.6%)、「日本酒」(35.8%)という順になった。

「飲むお酒の種類」に関する調査

■男性は「ビール」「日本酒」「焼酎」「ウイスキー」好き、女性は「ワイン」「カクテル」「チューハイ」好き

飲むお酒の種類について、男性と女性とで違いはあるのだろうか。男女別に集計してみたところ、次のグラフのようになった。「ビール」「日本酒」「焼酎」「ウイスキー」では男性のほうが、「ワイン」「カクテル」「サワー/チューハイ」では女性のほうがよく飲んでいることがわかる。

「飲むお酒の種類」に関する調査

■「カクテル」「サワー/チューハイ」を好む20代

どんなお酒を飲むのか、年代別にまとめたグラフがこちら。「ビール」「焼酎」「ワイン」といったお酒はシニア層のほうが、「カクテル」「サワー/チューハイ」といったお酒は若者層のほうがよく飲んでいる。また、「日本酒」「ウイスキー」については、30~40代よりも、20代のほうが比較的飲んでいることも明らかになった。

「飲むお酒の種類」に関する調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ