人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.10.27

女性と変わらない頻度でスイーツを食べるイマドキの20代男子

ここ数年はクロワッサンドーナツやフレンチトースト、台湾かき氷にカップケーキと、さまざななスイーツが登場。私たちを目でも舌でも楽しませ続けてくれている。さらにコンビニスイーツの登場で手軽においしいスイーツが食べられるようになり、私たちの生活にいっそう浸透した印象があるが、実際はどうなのだろうか?20代の男女に調査した。

スイーツに関する調査

「スイーツ男子」はもうあたりまえ?男女とも6割以上が「週に2回以上スイーツを食べる」

20代の男女800名に、スイーツが好きか嫌いかを聞いたところ、「好き」78%、「どちらかというと好き」16%で、実に95%がスイーツ好きという結果になった。

スイーツに関する調査

また、スイーツを食べる頻度については、最も多かったのが「週に2~3回程度」43%、次いで多かったのが「毎日」21%で、6割以上がスイーツを週に2回以上食べていた。男女別でもあまり差は見られず、男性では60%、女性では68%が、週に2回以上スイーツを食べていると回答。最近の20代男子は女性とほとんど変わらない頻度でスイーツを食べていることが伺える。

スイーツに関する調査

スイーツに関する調査

スイーツを月に2回以上食べると回答した人に、どのようなシーンでスイーツを食べることが多いかを聞いたところ、1位「小腹が空いたとき」69%、2位「誕生日・クリスマスなどの特別なとき」50%、3位「コーヒーやお茶などを飲むとき」50%、でした。男女別で見てみると、以下のような結果だった。

男性
1位「小腹が空いたとき」67%、2位「コーヒーやお茶などを飲むとき」52%、3位「夕食の後に」47%

女性
1位「小腹が空いたとき」70%、2位「誕生日・クリスマスなどの特別なとき」60%、3位「自分にご褒美をあげたいとき」58%

男性にとっては「日常的に食べるもの」、女性にとっては「特別なときに食べるもの」と、スイーツを食べるシーンは男女別で傾向の違いが見られる。ここでも男性の生活にスイーツが浸透している様子が見て取れた。

スイーツに関する調査

スイーツに関する調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。